オールインワンジェルに関する調査・分析レポート:注目すべき5つのポイント

2013年2月13日 12時57分

Img1764 1

【調査サマリー:5つのポイント】

オールインワンジェルのユーザーは、主に商品情報を普段慣れ親しんでいる身近なマス媒体(テレビ、新聞など)から入手しており、商品購入の決め手としては店頭ディスプレイのテスターやサンプル使用を重視し使用感によって判断していることが多い。

このことから、オールインワンジェルの販促活動においては多様なメディアによる情報発信と実際に商品を店頭で体感させるためのテスター使用などを組合わせることが重要で、今後はO2O(オンライントゥーオフライン)プロモーションも重要な戦略の1つとなる可能性がある。

オールインワンジェルのユーザーは、スキンケア商品にあまり多くの効果(毛穴対策、シミそばかす対策など)を求めておらず、特に基本ニーズである「潤い補給」をベースに使い勝手としての「手軽さ・時間短縮」といったオールインワンジェル特有のコンセプトを求めている。

このことから、近年市場で多く見られる差別化戦略として「多機能訴求」へと向かうことは、逆にユーザーの基本ニーズに応えていないことが分かる。

オールインワンジェルの市場を創出した先駆的ブランドであるドクターシーラボ社は、オールインワンジェルのカテゴリー内で様々なオールインワンアイテムを投入し他ブランドへのスイッチをうまく阻止できていることが分かった。

このことは、単なる差別化のための多品種戦略ではなくドクターシーラボのブランド内でスイッチニーズを取り込むことに成功した事例として、今後他社の商品戦略にも少なからず影響を与えていくことが考えられる。

コモデティ化するオールインワンジェル商品において、差別化戦略のポイントはコミュニケーション戦略にあるといわれて久しい。

今回の調査で、オールインワンジェルユーザーは、特に販売チャネル別にニーズが異なることが伺えた。

チャネル別に訴求ポイントを柔軟に変えることによる差別化戦略に留まらず、チャネル別の新たな商品開発も視野に入れた戦略が今後は求められそうだ。

オールインワンジェルのユーザーは、多くの「期待する効果」の中で、特に「肌の潤い・保湿」を求めている。

ただ、潤い補給の効果は、オールインワンジェル1品だけでは満足できておらず、約4割のユーザーが化粧水を併用している。

オールインワンの「手軽さ」を求めつつ、年齢に伴う美肌へのこだわりが他アイテム併用欲求に影響している様子が伺えた。

最近増えている併用を前提としたオールインワンゲルのセット訴求が好評であることは、今回の調査結果からも裏付けられた。

詳しくは「オールインワンジェルに関する調査・分析レポート」をご参照ください

【調査概要】
■ 目次 P1
■ 調査概要 P2
■ 調査サマリー P3
■ 本調査回答者のプロフィール P9
■ 調査結果のまとめ(ユーザープロフィール) P16
■ 調査結果の詳細 P29
■ 付録(調査票) P73
■ ソフィアリンクス企業概要 P88

■ 調査目的 : 本調査は、下記2点を目的に実施した。
①現使用オールインワンジェルブランド別に、ユーザーのプロフィールを把握する。
②各ユーザーの、現使用オールインワンジェルブランドに対する評価を確認する。

■ 調査対象 : マクロミルモニタ 20-64歳の女性で、下記の条件を満たす者
・オールインワンジェルを現在自分で買い、使っている
■ 調査地域 : 全国
■ 調査方法 : インターネットリサーチ
■ 調査時期 : 2012年10月15日(月)~10月17日(水)
■ 有効回答数 : 2,065サンプル

※ 日本におけるオールインワンジェル使用者(女性)の縮図になるよう、人口構成比(年齢5歳刻み)×出現率で下記の通り割付
■ 調査企画 : 株式会社ソフィアリンクス
■ 調査実施 : 株式会社マクロミル

●化粧品マーケティング情報 http://www.syogyo.jp/info/

logo[1].gifのサムネイル画像●執筆者:株式会社週刊粧業 顧問 三原誠史
株式会社ソフィアリンクス代表取締役
大阪芸術大学講師
1963年生まれ。大阪芸術大学デザイン学科卒

大手家電メーカーの戦略デザイン室にてシングル家電シリーズのデザインプロデュースを行う。その後、大手出版社を経て独自のブランディングプロデュース事業を開始。
化粧品メーカーの新商品開発、ブランド開発、プロモーション、戦略構築など多数手がける。最近では化粧品メーカーの中国市場の進出支援事業も積極的に行っている。
〈Webサイト〉http://www.sophialinks.com/
〈お問い合わせ〉mihara@sophialinks.com

アクセスランキング

  1. 1位 1月30日 11時00分
    花王、頭髪表層に特異的に発生するう...
  2. 2位 1月31日 14時00分
    ライオン、2023年春の新製品を紹介
  3. 3位 9月30日 10時00分
    ピンククロス・水野貴史社長、目指す...
  4. 4位 1月30日 13時00分
    イオンリテール 井出武美社長、店舗...
  5. 5位 1月30日 12時00分
    ポーラ、新プロジェクト「FROM ...
  6. 6位 1月30日 10時00分
    Novera、AI画像認識の精度を...
  7. 7位 1月30日 13時00分
    小林製薬、2023年春は詰め替えで...
  8. 8位 1月30日 15時00分
    ナリス化粧品、未利用資源の活用を推進
  9. 9位 1月31日 13時00分
    ちふれ化粧品、人気の保湿シリーズを...
  10. 10位 1月31日 13時00分
    セブン&アイHD第3四半期、日米コ...
  1. 1位 1月23日 11時00分
    マンダム、男性スタイリング市場の再...
  2. 2位 12月27日 16時00分
    岩瀬コスファ、数多くの環境配慮型原...
  3. 3位 1月25日 10時00分
    コーセー、アマンへOEM受託による...
  4. 4位 1月26日 11時00分
    花王、環境中の新型コロナウイルスを...
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 1月25日 11時00分
    SHISEIDO、ブランドアンバサ...
  7. 7位 1月30日 11時00分
    花王、頭髪表層に特異的に発生するう...
  8. 8位 1月24日 13時00分
    資生堂、世界初 肌内部の散乱光を解...
  9. 9位 1月23日 12時00分
    ファンケル、ビール製造時の副産物か...
  10. 10位 1月26日 12時00分
    アルビオン、加熱高圧乳化法を活用し...
  1. 1位 1月12日 12時00分
    花王、3年連続3分野全てでAリスト...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 12月27日 16時00分
    岩瀬コスファ、数多くの環境配慮型原...
  4. 4位 1月10日 12時00分
    花王、執行役員の異動(1月1日付)
  5. 5位 12月28日 10時00分
    2022年ヘアケア市場、環境配慮と...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 12月26日 15時00分
    コーセー、大谷翔平選手とグローバル...
  8. 8位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  9. 9位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  10. 10位 1月10日 11時00分
    花王、機構改革(1月1日付)

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ