ヒノキ新薬、1959年から海外展開をスタート~近年はロシアでの販売が好調

週刊粧業

2013年8月21日 18時23分

Img1951 1

 ヒノキ新薬(本社=東京都千代田区)の阿部武彦社長は、1976年に代表取締役社長に就任して以降、オイルショックやバブル崩壊など激動の時代を乗り越え、現在も経営の第一線で手腕を発揮している。

 国内の有力化粧品メーカーを見渡しても、35年以上にもわたり経営トップに立って業界に携わることは極めて稀と言えるだろう。化粧品業界の変遷を見つめてきた阿部氏に、自身のこれまでの歩みや海外展開の現況について話をうかがった。(インタビュー記事全文はこちら

1959年から海外展開をスタート
近年はロシアでの販売が好調

 ――海外展開の実績についてお聞かせ下さい。

 阿部 1959年に当時の販売代理店だった大粧(現パルタック)が沖縄、香港、シンガポール、タイへディストリビュートしたのが当社の海外展開の始まりだ。当時はまだ沖縄が外国なので本当に歴史を感じる。

 大手メーカーのように海外展開に際して人材を一から揃え、自分のマーケティングを行えるだけの力を持っていれば別だが、当社はこれまで直接取引をしたことはない。近年は、現地の人がヒノキ肌粧品のよさを認めて、自らインベストしてやってみたいという展開のみだ。

 こうした中、最近ではロシアでの取扱いが拡がりをみせている。海外展開がスタートしてからしばらく経った2000年に、ロシアの販売代理店「プラネット・フィットネス社」から当社の商品を扱ってみたいと声がかかった。以来、ロシアに向けては商品供給だけでなく、定期的に現地のサロン経営者や美容スタッフに対して研修を実施し、当社の美容指導社員(BCI)が商品説明などを行っている。

 現在、ロシアでは「メゾファーム社」が販売代理店をつとめ、今年4月にロシアで開催された展示会「インターチャーム・プロフェッショナル」では、ヒノキ肌粧品のブースを設置するなど意欲的に取り組んでもらっている。こうした積み重ねがあって、ロシア国内の取扱店舗は年々拡がり、販売実績は伸長傾向にある。

 ――ロシアの展開で得た手応えとは。

 阿部 ロシアでは日本の科学技術に対する信頼が非常に高く、現にヒノキ肌粧品は一般的なサロンよりも美容医療系のサロンで人気がある。今後もその信頼を絶対に裏切ってはならない。

 定期的に実施している研修には多くの皮膚科医が参加され、科学的根拠に基づいて論理的に説明し、納得してもらうことで初めてそこで商品のよさが伝わった。言葉の違いはあるが、この研修を通じて改めて世界共通の言語は「科学」なのだと実感することができた。

 それと同時に私が訴えたいのは、日本は戦後培ってきた60数年のモノづくりの技術しか拠り所がないということだ。このことを日本人が、あるいは日本の企業が強く認識して、安易によその国に日本の製品づくりを任すべきではない。

 世の中の変化に応じなくてはならないという考えのもと、企業ポリシーを都度変える企業もある。しかし、世の中はしょっちゅう変化しているのにそれに一々対応していけば企業は生き残っていけないだろう。老舗と呼ばれる和菓子屋のように企業ポリシーを変えず、時代に流されない企業は生き残っていく。

 だから、当社は創業来から続くエビデンスに基づいた肌粧品づくりを今後も変えることはない。また、商品をやたらと増やすのではなく、これが一番よいと思って信じて作ったものを本当の意味で超えなければ新製品は出さない。新製品を毎年毎年出さないのはそのためだ。さらに、同じ物質でも効能効果を高めていく研究も引き続き行う。時代に流され、目先を変えたマーケティングはしたくない。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 2月15日 12時00分
    コーセー2019年3月期第3四半期...
  2. 2位 2月15日 11時00分
    富士経済、機能性化粧品の国内市場調...
  3. 3位 2月15日 12時00分
    仙台三越、2館体制で東北で唯一の化...
  4. 4位 2月15日 10時00分
    資生堂、「uno」より男性用BBク...
  5. 5位 2月14日 15時00分
    資生堂2018年12月期、営業利益...
  6. 6位 2月14日 14時00分
    牛乳石鹼共進社、新バウンシアで濃密...
  7. 7位 2月15日 13時00分
    小林製薬、2018年12月期は国内...
  8. 8位 2月15日 10時00分
    順調に拡大続くボディソープ、泡タイ...
  9. 9位 2月14日 16時00分
    花王、「ビオレu」に手のひら洗いに...
  10. 10位 2月12日 10時00分
    ヤクルト本社、第2回「ジャパンSD...
  1. 1位 2月12日 12時30分
    資生堂、化粧品に次ぐ新たな柱として...
  2. 2位 2月4日 14時00分
    日本通信販売協会、美ボディに関する...
  3. 3位 12月14日 14時00分
    P&Gパンテーン、ミセラーテクノロ...
  4. 4位 12月14日 12時00分
    フィッツコーポレーション、ミセラー...
  5. 5位 12月14日 11時00分
    ロゴナジャパン、スキンケアしながら...
  6. 6位 12月14日 13時00分
    NAOS JAPAN、皮膚科学に基...
  7. 7位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  8. 8位 11月22日 19時30分
    冬はすぐそこ!血流改善で冷え対策
  9. 9位 1月29日 16時00分
    XYZプリンティング、肌分析技術搭...
  10. 10位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  1. 1位 12月14日 14時00分
    P&Gパンテーン、ミセラーテクノロ...
  2. 2位 12月14日 11時00分
    ロゴナジャパン、スキンケアしながら...
  3. 3位 12月14日 12時00分
    フィッツコーポレーション、ミセラー...
  4. 4位 12月14日 13時00分
    NAOS JAPAN、皮膚科学に基...
  5. 5位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  6. 6位 11月22日 19時30分
    冬はすぐそこ!血流改善で冷え対策
  7. 7位 11月15日 20時00分
    気になる抜け毛や痛み…秋のまつ毛ダ...
  8. 8位 10月12日 18時00分
    肌疲れを冬に持ち越さない!秋の肌老化ケア
  9. 9位 1月28日 14時00分
    ヘンケルジャパン、クラウドファンデ...
  10. 10位 1月29日 12時00分
    ランクアップ、新製品発表会を開催

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ