週刊粧業選定 2015年 化粧品日用品業界 10大ニュース

粧業日報 2015年12月14日号 1ページ

2015年12月14日 15時00分

Sn20151214 1

第1位「インバウンド需要拡大で
化粧品市場は前年超えへ」

 シンクタンクの総合企画センター大阪では、2014年のインバウンド市場(化粧品+トイレタリー)を約550億円とし、市場全体の2.4%を占めると見ている。2015年については、訪日外国人客数の増加やメーカーのインバウンド需要の活発な取り込みを踏まえ、前年比で1.7倍となる950億円を見込んでいる。

 また同社では2015年の化粧品市場の伸び率を前年比1.0%増と見込んでいるため、15年の化粧品トイレタリー市場におけるインバウンドの占める割合は約4%(前年比1.6P増)に高まると考えられる。つまり、インバウンドは化粧品市場を4%程度押し上げるインパクトを持っていると考えていいだろう。

 経済産業省が発表した2015年1~9月の出荷実績によると、金額は1.2%増の1兆1148億1600万円、個数は0.3%増の21億8147万個となっている。このため、もしインバウンドによる4Pの押し上げ効果がなかったとしたら、出荷実績も前年割れとなり、苦戦を強いられていたことが想定される。

 そういう意味で、2015年の化粧品市場は「インバウンド」を抜きに語れないと考え、2015年10大ニュースの第1位に選定した。

 ますます期待が高まるインバウンド消費だが、中国経済の先行きが依然として不透明で、今後も円安の追い風が続くとは限らない。あくまでもインバウンド消費は補助的なものであり、国内市場で着実な成長戦略を推し進めることこそがメーカー各社にとって重要であることは言うまでもない。

第2位「化粧品メーカー各社の
インバウンド戦略が活発化」

 日本を訪れる外国人観光客の消費動向をみると、訪日前にインターネットやSNSなどのクチコミをもとに商品の情報収集を行い、買い物リストを作成してから日本を訪れるケースが多いことから、このリストに載るためのWebを中心とした仕掛けがインバウンド消費を取り込むうえで重要な起点となる。

 花王は自社サイトに中国からのアクセスが増加していることを受け、今年7月に中国人観光客の間で人気の高い蒸気温熱シート「めぐりズム」のアイマスクなどの一部商品を中国語(簡体字)で紹介する商品カタログページを開設した。

 8月には、カネボウ化粧品も同様にインバウンド向けの中国語カタログページを作成し、訪日前に購入商品を検討する中国人観光客への対応強化を図った。

 また、インバウンド需要の取り込みを図るためには、「訪日前」「訪日中」「訪日後」の各シーンに応じた必要な販促施策が求められるが、特に「訪日中」の店頭での商品訴求に注力する企業の動きも目立った。

 pdcでは、今年から都市部のドラッグストアを中心に「リフターナ コンセントレートマスク」(写真)の中国語POPや専用什器の設置を進めるなど、インバウンド需要への対応を本格化した。

 同社ではこうした取り組みが奏功し、同アイテムの今年2~7月の出荷実績が前年同期比で7~8倍と好調な売れ行きを見せているという。

 マックス ファクターでは、外国人の来店が多い店舗に中国語、韓国語、英語が話せるバイリンガルなスタッフを派遣し、販売サポートに力を入れている。

 マンダムでは、人気商品「ビフェスタ」の企画品を中国語POPとともに販売するなど、インバウンド対策で新たな試みを開始している。

あと79%

こちらの記事は粧業日報の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

有料プランについてはこちら

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 7月19日 14時30分
    メナード、コラーゲン研究で新たな解...
  2. 2位 7月19日 14時00分
    HIROSEYA with@cos...
  3. 3位 7月19日 13時30分
    ライオン、「NONIOプラス知覚過...
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 6月10日 11時30分
    資生堂、「dプログラム」からオール...
  6. 6位 7月19日 15時30分
    コーセー、「先端技術研究所」を本格稼動
  7. 7位 7月19日 15時00分
    バルクオム、グローバルプロジェクト発表
  8. 8位 7月18日 13時30分
    コーセー、「Maison KOSÉ...
  9. 9位 7月16日 15時40分
    ファンケル、独自原料にコラーゲン産...
  10. 10位 7月18日 12時30分
    美容スクール、高度専門職人材の育成へ
  1. 1位 7月11日 14時20分
    マンダム、ギャツビーから新スタイリ...
  2. 2位 7月16日 15時40分
    ファンケル、独自原料にコラーゲン産...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 7月16日 15時00分
    ニュー スキン ジャパン、教育支援...
  5. 5位 7月16日 15時20分
    ナガセ ビューティケァ、新スキンケ...
  6. 6位 7月17日 15時30分
    コーセー、クリームレベルの油分を配...
  7. 7位 7月18日 13時30分
    コーセー、「Maison KOSÉ...
  8. 8位 7月12日 15時00分
    【2019年調査】20代・30代女...
  9. 9位 7月12日 14時40分
    【2019年調査】20代・30代女...
  10. 10位 7月18日 10時30分
    資生堂、「ウーノ」の男性用BBクリ...
  1. 1位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  2. 2位 2月6日 19時40分
    冬のトラブル続きの肌に!温感美容で潤いを
  3. 3位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  4. 4位 7月11日 14時20分
    マンダム、ギャツビーから新スタイリ...
  5. 5位 3月18日 17時00分
    ES-ROOTS、こだわりの純粋ハ...
  6. 6位 6月19日 15時00分
    北の達人コーポレーション、ESPE...
  7. 7位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  8. 8位 6月10日 14時00分
    シーボン2019年3月期決算、減収減益
  9. 9位 6月27日 14時30分
    コーセー雪肌精、世界に向けたマーケ...
  10. 10位 6月21日 15時00分
    スギ薬局、ビューティを核にした都市...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ