セントラル・コーポレーション、「活性型FGF」配合の化粧品OEMをわずか100個から提案

週刊粧業 2016年1月18日号 10ページ

2016年1月19日 14時30分

Ss20150118 14 1

 セントラル・コーポレーション(本社=岡山市)は1980年の創業以来、在庫バルクの小分けではなく、ゼロからのオリジナルブレンドで「わずか100個から化粧品をつくる」小ロット製造のパイオニアとして、独立を目指す起業家を支援し続けて今年で37年目を迎える。

 2011年にはこうした取り組みが評価され、日本文化振興会から社会文化功労賞が授与された。同社では小ロット製造による化粧品OEMと並行し、創業から一貫してエイジングケア化粧品研究にも取り組んでいる。笹山博史社長に、今展示会の見どころやポイントについて話を伺った。

FGFの効果を発揮するには「活性型」「水溶性」が重要に

 ――今展示会の出展内容についてお聞かせください。

 笹山 化粧品開発展では、差別化された原料の「活性型FGF」を配合したこだわりの化粧品を、わずか100個からでもOEM製造できることを強くアピールしていく。

 ――「活性型FGF」の特長は何でしょう。

 笹山 FGF(線維芽細胞増殖因子)は、コラーゲンやエラスチンの合成を通して皮膚弾力に作用し、肌のたるみやシワなどの改善に効果を発揮することが期待される。

 しかし、不活性状態のFGFをいくら配合しても十分な効果は期待できない。また、活性が高くても水溶性でなければ、体内でレセプター(受容体)と結合して効果を発揮することもできない。

 こうした点を踏まえ、FGFの効果を最大限発揮するうえで重要なポイントとなるのが、「活性型」「水溶性」の2点だ。

 当社が持つ活性型FGFは、活性度を示すIU値が「4~5×10の6乗IU/mg」で、一般的なIU値(4~5×10の5乗)と比べて桁違いの活性度を誇る。(図1)

 さらに、肌に塗布した際に起こる表皮酸性皮脂膜による成分分解を防ぐため、100nmサイズのリポソームカプセルでFGFを保護する。この際、活性度を落とさないように15℃の低温でリポソーム加工することで、生きたままの成分を肌に届けることができる。(図2)

 展示ブースでは、「細胞増殖」を目的としたエイジングケア化粧品で必要とされるポイントを訴求し、FGFを中心とした「活性型」「水溶性」成長因子を配合した原液美容液など、独自性の高いOEM提案を行っていく。

 ――数ある成長因子の中でも、貴社がFGFに注目される理由とは。

 笹山 化粧品業界では近年、成長因子の中でFGFよりも特にノーベル賞の受賞成分であるEGFがフォーカスされているように感じている。このため、化粧品にEGFさえ配合していれば、真のエイジングケアを実現できると思い込む人も少なからず見受けられる。

 EGFは表皮の細胞成長を促し、ターンオーバーを正常化するという意味においては効果を期待できるが、あくまでも成長因子の一種に過ぎず、それだけでエイジングケアを実現するのは難しい。

 これは、整備されていない畑に種を蒔いても十分な収穫が期待できないのと同様で、表皮層のケアを行う前に肌の基盤とも言える真皮層の整備を行う必要があることを今展示会で訴求していく。

 真皮層の細胞成長を考えるならば、線維芽細胞増殖因子のFGFが有効であり、「活性型FGF」という新たな切り口を持つ製品が競合他社との差別化を図るうえで重要なポイントになるだろう。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 1月21日 10時30分
    コーセー、「コスメデコルテ」から多...
  2. 2位 1月22日 09時30分
    アイスタイル、新会社「Dot & ...
  3. 3位 1月22日 11時30分
    三洋化成工業、同社初の化粧品ブラン...
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 1月21日 09時30分
    アルビオン、「エレガンス」より20...
  6. 6位 1月22日 13時30分
    ウエルシアHD、商品・サービスの差...
  7. 7位 1月20日 12時30分
    オルビス、国内空港免税店へ初出店
  8. 8位 1月22日 10時30分
    石洗工・界面工、令和2年新年合同懇...
  9. 9位 1月22日 12時30分
    ヒノキ新薬、首都圏ヒノキ会新年方針...
  10. 10位 1月21日 11時30分
    クラシエ、「肌の光老化」が起こるメ...
  1. 1位 1月21日 10時30分
    コーセー、「コスメデコルテ」から多...
  2. 2位 1月16日 13時30分
    コーセー、「Innovation ...
  3. 3位 1月17日 16時00分
    日本コルマー、化粧品開発展で価値創...
  4. 4位 1月17日 15時30分
    グラセル、環境プロジェクトを核にサ...
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 1月17日 12時30分
    三葵コーポレーション、ユニークな海...
  7. 7位 1月17日 14時00分
    エア・ウォーター・ゾル、エアゾール...
  8. 8位 1月17日 13時30分
    近代化学、ボタニカルをテーマに2ス...
  9. 9位 1月16日 09時30分
    カネボウ化粧品、人事異動(2020...
  10. 10位 1月20日 10時30分
    ファンケル美健、新会社「ファンケル...
  1. 1位 12月13日 12時30分
    コーセー、デジタル技術の活用でパー...
  2. 2位 12月26日 15時00分
    吉田硝子、環境に配慮したバイオポリ...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 12月26日 16時00分
    大日本印刷、GREEN PACKA...
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 12月26日 14時00分
    石堂硝子、重量感・肉厚感にこだわり...
  7. 7位 12月26日 11時00分
    平和化学工業所、ポストコンシューマ...
  8. 8位 1月21日 10時30分
    コーセー、「コスメデコルテ」から多...
  9. 9位 12月26日 12時00分
    大阪硝子、軽量化など新時代に対応す...
  10. 10位 1月7日 14時00分
    花王 澤田社長、未来に向けた新たな挑戦

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ