ラシェル製薬、化粧品会社の傘下入りで転身の時、新潮流の創出へ進化遂げる力蓄え

週刊粧業 2017年1月1日号 84ページ

2017年1月5日 12時30分

Ss20170101 11

 ミリオナ化粧品(本社=大阪市)が2013年に実施したM&Aで関連会社化したラシェル製薬(本社=岡山県新見市)では、持ち前のサプリメント企画力に美容訴求の要素を積み増しした領域での商品提案で力を発揮する準備を進めている。

 両社の社長を務める坂本雅哉氏は、ラシェル製薬を買収した当時の動機について次のように説明している。

 「化粧品は成熟産業といってよく、人口減少が進む中で売上規模が急激に落ち込むことはなくても、伸び悩みを避けることはできない。売上水準が固定できたらヨシという考えに陥ったとして、それは経営者として固定や安定は怖い。熟したら衰退しかない。怖いから拡大路線をとっていく中で、サプリメントつまり健康産業は今が成長期といえ、成熟しているとは言い難い。健康増進法の施行や、『機能性表示食品』を実現したように国の後押しもある。サプリメントを採って健康寿命が伸びれば、外出機会が増えて身だしなみに気を使うため化粧品を消費する。このように、製造会社として『健康』と『美容』の両軸を抱き合わせていることは、将来に向けて大きな強みになる。強みを発揮するため、ラシェル製薬とミリオナ化粧品は強く一体化していかなければならない」

 両者の一体化によって相乗効果を生み出すため、阪本社長はスピードを優先した荒療治として営業拠点を共有することで人的交流を高め、「ラシェルとミリオナの連合軍を作り出すのは早い方がいい」という方針を固めている。

 交流を創出することで情報共有が起こって両者の知見が相互で高まる一方、法人格の違いは二社間に競争意識を植え付けて「互いに『負けらない』となれば、危機・競争意識だって高まる。一体化による化学反応はあった方がいい」(阪本社長)との見通しもある。

 こうした試みが奏功した先において、阪本社長は新生のラシェル製薬が生み出す製品を「フードコスメ」としてイメージしている。同社長は「できると思う」と力強く語った。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 7月17日 15時30分
    コーセー、クリームレベルの油分を配...
  2. 2位 7月18日 10時30分
    資生堂、「ウーノ」の男性用BBクリ...
  3. 3位 7月18日 11時30分
    花王、高潤滑処方の「ビオレu ザ ...
  4. 4位 7月11日 14時20分
    マンダム、ギャツビーから新スタイリ...
  5. 5位 7月18日 13時30分
    コーセー、「Maison KOSÉ...
  6. 6位 7月18日 12時30分
    美容スクール、高度専門職人材の育成へ
  7. 7位 7月17日 15時30分
    ヴェルジェ「シェルクルール」、人を...
  8. 8位 7月17日 14時30分
    ライオンと京セラ、仕上げ磨き専用ハ...
  9. 9位 7月18日 10時00分
    ベルエポック美容専門学校、立地を強...
  10. 10位 7月18日 14時00分
    タカラ美容専門学校、独自の選択科目...
  1. 1位 7月11日 14時20分
    マンダム、ギャツビーから新スタイリ...
  2. 2位 7月12日 14時40分
    【2019年調査】20代・30代女...
  3. 3位 7月12日 15時00分
    【2019年調査】20代・30代女...
  4. 4位 7月12日 14時30分
    花王、「キュレル」から夜の濃厚パッ...
  5. 5位 7月12日 14時20分
    【2019年調査】20代・30代女...
  6. 6位 7月12日 14時20分
    【2019年調査】20代・30代女...
  7. 7位 7月12日 15時20分
    【2019年調査】20代・30代女...
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 7月12日 15時45分
    資生堂、定額制のIoTスキンケアサ...
  10. 10位 7月5日 12時30分
    【百貨店特集2019】着実に存在感...
  1. 1位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  2. 2位 6月19日 15時00分
    北の達人コーポレーション、ESPE...
  3. 3位 2月6日 19時40分
    冬のトラブル続きの肌に!温感美容で潤いを
  4. 4位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  5. 5位 3月18日 17時00分
    ES-ROOTS、こだわりの純粋ハ...
  6. 6位 6月10日 14時00分
    シーボン2019年3月期決算、減収減益
  7. 7位 6月10日 12時00分
    美人製造研究所、ドクターズコスメの...
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 7月11日 14時20分
    マンダム、ギャツビーから新スタイリ...
  10. 10位 6月4日 12時00分
    nijito、ライフスタイルブラン...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ