天真堂・児玉社長に聞く、目指すは「流通革命」のパイオニア

C&T 2016年12月15日号 56ページ

2017年1月27日 10時00分



「流通革命」で生活者に利便性を提供

 ――次に見据える「流通革命」とは、具体的にどのような取り組みでしょうか。

 児玉 当社では、「IoT」と「人工知能(AI)」の技術を搭載した容器を独自に開発し、2017年春を目途に商品化を進めている。この容器は現在、特許を申請中だ。

 新容器にはBlue tooth通信機能を搭載し、容器の蓋にあるセンサーと専用のアプリケーションとの連携によって商品の開封状態が確認できる。

 容器にIoTとAIの技術を応用することによって、クライアントが未開封のユーザーに対して商品の使用を促すためのプッシュ型提案が可能になる。

 しかも、新容器では基底部に搭載した光センサーが商品残量を自動で感知し、専用アプリケーションに転送されたデータをもとに人工知能がユーザーの商品消費を予測する。これにより、商品を使い終えるベストのタイミングでユーザーに購入アプローチができる。

 お客様とともに我々OEMメーカーが成長・発展するためには、このような商品をリピートしてもらうための仕組みを創造することが大切だ。化粧品通販ビジネスでは現在、定期購入が主流となっているが、同じユーザーでも1個の商品を使い切るタイミングはバラバラで、商品の未開封時や使い切った後で購入アプローチをしても、なかなか売上げに結びつきにくい。

 しかも、初回価格を定価から下げて複数回の購入を約束させる通販の販売手法が問題視されていることもあり、それに代わる新たな販売手法が求められている。

 こうした中で、「IoT」と「AI」の技術を応用した新容器を通じて最適な購入アプローチが可能になれば、メディアレーション(費用対効果)や商品購買率の数値は飛躍的に向上し、従来の通販ビジネスモデルを根底から覆す大きな変化を生み出せると期待している。

 世の中の容器が全てIoTとAIの技術を応用したものになれば、消費者とメーカーが直接契約し、商品残量を自動感知して商品が使い終わる頃に工場から自動的に配送され、不在の場合はポストへ投函されるという新しい通販ビジネスモデルが展開できる。これにより、消費者にとっては消耗品をお店にわざわざ買いに行かなくても済むし、商品を無駄に買い溜めする必要もなくなる。

 このようなユーザーの消費予測ができる通販ビジネスモデルが構築されれば、メーカーにとっては受注(計画)生産が可能になり、工場で今日作ったものがどこにも在庫として眠らずそのまま消費者のもとへと配達されるようになる。そうなれば、世の中の商品在庫は大幅な削減が見込めるだろう。

 メーカーにとって商品在庫が削減できれば、キャッシュフローが改善され、今以上によい商売ができるようになる。現状では倉庫が全国各地にあり、そこに届けなければならないメーカーも少なくない。

 必要な商品を、必要なときに、必要な分だけ提供できれば、消費者とメーカーの双方にとって非常に便利な世の中が実現できる。これこそが、我々が追い求めている「流通革命」の姿だ。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 5月17日 13時00分
    ライオン、2022年12月期第1四...
  2. 2位 5月16日 12時00分
    ライオン、異業種企業とともにニュー...
  3. 3位 5月17日 10時00分
    アルビオン スキコンを超える新スキ...
  4. 4位 5月17日 12時00分
    ロレアル、肌で均一な紫外線防御膜を...
  5. 5位 5月17日 10時00分
    コタ、 KYOTO Labを新設し...
  6. 6位 5月16日 11時00分
    メナード、「ストレスの感じやすさ」...
  7. 7位 5月17日 11時00分
    ウテナ、高知県北川村、ウエルシアG...
  8. 8位 5月10日 10時00分
    大日本印刷、紙仕様のラミネートチュ...
  9. 9位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  10. 10位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  1. 1位 5月17日 13時00分
    ライオン、2022年12月期第1四...
  2. 2位 5月10日 10時00分
    大日本印刷、紙仕様のラミネートチュ...
  3. 3位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  4. 4位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  5. 5位 5月13日 12時00分
    良品計画とローソン、23年をめどに...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  8. 8位 5月13日 10時30分
    資生堂ジャパン、人事異動(2022...
  9. 9位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  10. 10位 5月11日 12時00分
    花王、2040年カーボンゼロ、20...
  1. 1位 5月2日 10時00分
    カネボウ、累計270万本のKATE...
  2. 2位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  7. 7位 4月20日 14時00分
    コーセー、「Maison KOSÉ...
  8. 8位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  9. 9位 5月2日 16時00分
    メナード、肌に色ムラが生じるメカニ...
  10. 10位 4月19日 12時00分
    メーカー各社のR&D戦略、化粧品の...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ