日本コルマー、グローバルオペレーションを最適化

週刊粧業 2017年7月3日号 21ページ

2017年7月13日 15時00分

Ss20170703 35

 化粧品・医薬部外品OEM/ODMの国内最大手である日本コルマーは、「グローバル№1の化粧品OEM」を目標に掲げ、近年は海外事業の成長戦略を積極的に進めている。

 直近のニュースでは、ASEAN市場の生産拠点としてベトナム新工場の建設計画、米国・化粧品OEM/ODM会社への資本参加およびメークアップ分野の技術ライセンス供与による業務提携合意がある。

 堀内聡史氏は、そうした海外での新たな取組み実現に向け、水面下で働きかけてきた人物だ。

 ――今年1月より役員直轄の「研究開発本部付 R&D Global Operations」という役職を得て名実ともにグループのグローバル戦略を支える「人財」となりました。自身の役割をどう捉えていますか。

 堀内 名前の通り、グローバルオペレーションの成功を目的に、海外など新市場への進出に向けて、実務と経営の双方から最適な方法を見出す社内コンサルタントのような立ち位置と捉えている。

 これまで私は海外赴任をはじめ、研究開発、マーケティング部などで実務的な経験を積んできた。

 そして、一昨年からはMBA取得を目指し大学院に通い経営学を学んでいる。

 化粧品の本質や価値を十分に知る人物が経営戦略に携わることで、会社の新たな成長動力を生み出していきたい。

 ――ASEAN進出は当初、M&Aを強く視野に入れていたそうですね。

 堀内 ASEAN進出では後発となる当社がスピード感を持って市場を開拓するには、M&Aが有効だと考えたが、どうしても当社が求める化粧品のクオリティに見合わなかった。

 最終的に経済成長性や国民性など様々な要素を加味した上で、ベトナムに自社クオリティを備えた工場を建てゼロからスタートすることが最善との結論に達した。

 一方で、米国化粧品OEM/ODM会社へのメークアップ分野の技術提携は一気に話が進んだ。

 化粧品ビジネスの考え方など様々な点において経営トップ間に共通の価値観が見出せ、互いに成長し合える関係を築けると判断できた。

 今後はさらに海外での新たな事業展開が増えてくる。

 自身の経験をケーススタディとし、経営に携わる人材の育成も私の重要な務めとして取り組んでいきたい。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 8月21日 12時30分
    ロレアル上期決算、4部門全て好調で...
  2. 2位 7月11日 11時00分
    DHC、ラクして痩せるボディジェルを投入
  3. 3位 8月22日 10時00分
    アンド・コスメ、メンズコスメの枠組...
  4. 4位 8月22日 16時30分
    資生堂、米国ブランド「Tory B...
  5. 5位 8月22日 15時30分
    ACRO、メンズメイクセミナーを開催
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 8月21日 12時00分
    後継者不足などを背景にM&A市場が拡大
  8. 8位 8月22日 11時30分
    日本メナード化粧品会長兼ダリヤ社長...
  9. 9位 8月22日 16時00分
    カネボウ、グローバル戦略ブランド「...
  10. 10位 8月21日 12時00分
    サルボ、人に寄り添う製品開発へ
  1. 1位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  2. 2位 7月11日 11時00分
    DHC、ラクして痩せるボディジェルを投入
  3. 3位 8月9日 13時30分
    花王、肌状態と毛細血管の血流調節機...
  4. 4位 8月9日 12時30分
    カネボウ、シワ改善美容液「カネボウ...
  5. 5位 8月20日 11時30分
    コーセー第1四半期決算、増収減益
  6. 6位 8月9日 11時30分
    第一三共ヘルスケア、トラネキサム酸...
  7. 7位 8月9日 10時30分
    ディー・アップ、売上№1つけまつげ...
  8. 8位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  9. 9位 7月16日 15時40分
    ファンケル、独自原料にコラーゲン産...
  10. 10位 7月29日 17時00分
    エコットコスメ、10歳きざみで肌悩...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  2. 2位 8月9日 13時30分
    花王、肌状態と毛細血管の血流調節機...
  3. 3位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  4. 4位 7月5日 15時00分
    岩瀬コスファ、規制対応の崩壊性スク...
  5. 5位 7月16日 15時40分
    ファンケル、独自原料にコラーゲン産...
  6. 6位 7月5日 14時00分
    ティーエストレーディング、再生可能...
  7. 7位 2月6日 19時40分
    冬のトラブル続きの肌に!温感美容で潤いを
  8. 8位 3月18日 17時00分
    ES-ROOTS、こだわりの純粋ハ...
  9. 9位 7月5日 13時00分
    ディムコ、火山灰からなる100%天...
  10. 10位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ