アイスタイル、2018年6月期第2Qは大幅増収増益

訪販ジャーナル 2018年2月12日号 1ページ

2018年2月13日 12時00分

Hhj20180213 1

 アイスタイルの2018年6月期第2四半期決算は、化粧品・美容総合サイト@cosmeを軸にした「On Platform事業」をはじめ全ての事業で増収を達成し、売上高が前年同期比64.4%増の138億5100円、営業利益が65.9%増の12億1300万円、経常利益が76.0%増の12億4900万円、当期純利益が47.3%増の6億9900万円で2ケタ増収増益となった。売上総利益は46.2%増の67億5400万円、販売管理費は42.4%増の55億4100万円だった。

 吉松徹郎社長は、決算説明会で「2020年度までの中期経営計画をスタートして1年半が経過し、最終目標に向けて取り組んでいる投資策に手応えを感じ始めている」と半期を振り返り、各事業部の業績とともに今後の取り組みを説明した。

新BtoBサービスで最先端の
情報発信メディア運用

 「On Platform事業」は、主軸のBtoBサービスが売上構成比45%を占める上位15社を中心に成長し、売上高が9.3%増の36億4500万円、営業利益が12.5%増の14億100万円となった。吉松社長は、BtoBサービスについて「堅調に伸びてはいるが、広告領域を中心にしたサービスにとどまっている。今後はグループ全体のデータベースを活用した『Enterprise SaaS(エンタプライズ サース)』を大きく成長させ、広告に次ぐ収益の柱にしていきたい」と述べ、その第1弾としてブランドのマーケティングプロセス全体を支援していく月額固定課金サービス「ブランドオフィシャル(仮称)」の提供を4月より開始すると発表した。

 「ブランドオフィシャル」は、@cosmeをはじめグループのデータベースを活用することで、情報発信やパーソナライズ配信、ユーザー分析・把握、自社や他社、ブランドの情報収集などを手軽に行うことができる。サービス利用は月額50万円からとし、従量課金も取り入れる。

 開始後は既存のビジネスユーザー約600ブランドに対し「ブランドオフィシャル」への乗り換えを促し、来期以降に新機能を付与してサービスの質向上につなげながら、2020年度までに800ブランドとの契約を目指す。

 プレミアム会員の月額課金を中心にしたBtoCサービスは、2Qが前年同期比13.0%減となり1Qにつづき減収となったが、「下期でのリニューアルを予定し、来期以降に積極的なプロモーションを行う」という。

 事業基盤となる「@cosme」の月間ユニークユーザー数は1620万人(17年12月)、会員数は450万人(同)で安定的に増加している。昨年12月にはユーザー向けアプリ(@cosmeアプリ)をリニューアルしており、下期はユニークユーザー数の伸びにアプリが寄与してくる見通し。新アプリでは、ヨガインストラクターやヘアメークアップアーティストといった美容のスペシャリストや連携する化粧品小売店(1万4000店)などの美容事業者とユーザーのつながりを強化する機能を追加している。

 そのリニューアルと同時期に、美容スペシャリスト向けアプリ「@cosme PRO」もリリースしている。第1弾として個人で活動しているスペシャリスト向けアプリの提供からスタートした。フォロー機能のほかメッセージ機能や予約機能を設けてリアルだけでなくネットでもつながることで新しい関係性を提案する。今後はサロン、店舗、ブランドのプロ向けアプリを展開し、美容に関わるすべてをつなげるプラットフォーム構想の実現化を目指す。

 さらに、美容業界のリーダー層向け新サービスとして、美容業界の最新技術など世界中のビューティイノベーションを深く掘り下げて情報配信するメディア「Beauty Tech.jp」の運用を3月1日より本格的に開始する。

 「テクノロジー」「マーケティング」「サイエンス」「ビジネス」などのカテゴリーに精通した国内外の著者で構成し、月20本程度の配信を予定している。有料課金制への移行や英語版のリリースも検討しているという。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 1月16日 12時00分
    ヤーマン、美顔器「フォトプラス」が...
  2. 2位 1月17日 13時30分
    花王 澤田道隆社長、2019年は勝...
  3. 3位 1月17日 15時30分
    資生堂ジャパン 杉山繁和社長、高品...
  4. 4位 1月16日 13時00分
    首都圏化粧品日用品卸組合、平成31...
  5. 5位 1月16日 14時30分
    ライオン 掬川正純社長、政策の実行...
  6. 6位 1月17日 11時00分
    ライオン、介護施設向け日用品の拡販...
  7. 7位 1月17日 10時00分
    花王、「ビオレ マシュマロホイップ...
  8. 8位 1月17日 14時00分
    クラシエHD、圧倒的な当事者意識を...
  9. 9位 12月10日 12時00分
    バルクオム、ヘアケア市場へ参入
  10. 10位 12月14日 14時00分
    P&Gパンテーン、ミセラーテクノロ...
  1. 1位 1月11日 15時45分
    コーセー、重点グローバルブランドの...
  2. 2位 1月11日 15時15分
    マンダム、各国の生活者に根ざした戦...
  3. 3位 1月11日 15時30分
    Dear Laura、台湾の成功受...
  4. 4位 12月10日 12時00分
    バルクオム、ヘアケア市場へ参入
  5. 5位 12月14日 11時00分
    ロゴナジャパン、スキンケアしながら...
  6. 6位 12月14日 14時00分
    P&Gパンテーン、ミセラーテクノロ...
  7. 7位 12月14日 13時00分
    NAOS JAPAN、皮膚科学に基...
  8. 8位 12月14日 12時00分
    フィッツコーポレーション、ミセラー...
  9. 9位 11月22日 19時30分
    冬はすぐそこ!血流改善で冷え対策
  10. 10位 12月10日 10時00分
    HOLO BELL、主力製品の店頭...
  1. 1位 12月14日 14時00分
    P&Gパンテーン、ミセラーテクノロ...
  2. 2位 12月14日 14時30分
    コージー本舗、3D製法のつけまつ毛...
  3. 3位 12月14日 13時00分
    NAOS JAPAN、皮膚科学に基...
  4. 4位 12月14日 12時00分
    フィッツコーポレーション、ミセラー...
  5. 5位 12月14日 11時00分
    ロゴナジャパン、スキンケアしながら...
  6. 6位 12月10日 12時00分
    バルクオム、ヘアケア市場へ参入
  7. 7位 11月22日 19時30分
    冬はすぐそこ!血流改善で冷え対策
  8. 8位 12月3日 14時00分
    アテニア、スキンケアラインをリニューアル
  9. 9位 12月10日 10時00分
    HOLO BELL、主力製品の店頭...
  10. 10位 10月12日 18時00分
    肌疲れを冬に持ち越さない!秋の肌老化ケア

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ