ヘアカラー市場、30代・40代向けでブランド間競争が激化

C&T 2017年12月15日号 34ページ

ヘアカラー市場、30代・40代向けでブランド間競争が激化
 2016年(1~12月)のヘアカラー市場(化粧品含む)は、おしゃれ染め(黒髪用)のダウントレンドに加え、市場構成比で7割以上を占める女性・白髪用が近年のヘアサロンにおけるカラーリング料金の下降トレンドも影響して前年を割り込み、前年比2%減で約690億円となった。唯一、男性・白髪用カテゴリーが微増で推移した。

 メーカー別では、リーディングカンパニーのホーユーが白髪染め・おしゃれ染めともにシェアを伸ばしている。

 2017年(1~9月)も厳しい市場状況はほぼ変わらず、通年では前年比1~2%減になる見通しだ。

あと75%

C&Tの有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > ヘアカラー市場、30代・40代向けでブランド間競争が激化

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop