資生堂ウーノ、啓蒙活動への注力で競合に差異化

週刊粧業 2018年6月18日号 8ページ

資生堂ウーノ、啓蒙活動への注力で競合に差異化
 資生堂では、男性化粧品市場の拡大を目的に、今春から消費意欲の喚起を狙った情報発信にさらに力を注ぎ、スキンケアの普及・啓蒙活動に取り組んでいる。

 皮切りとして3月上旬に「ウーノ UVパーフェクションジェル(医薬部外品)」(80g、オープン価格、写真)を発売したタイミングに合わせ、同社は20~50代の男女1100人を対象にメンズスキンケアをテーマにしたアンケート調査を実施し、男性の肌がビジネスシーンに与える影響を発表した。

あと64%

週刊粧業の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 資生堂ウーノ、啓蒙活動への注力で競合に差異化

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop