第一三共、「ミノン メン」で敏感肌に悩む男性のQOL向上へ

粧業日報 2018年7月18日号 3ページ

第一三共、「ミノン メン」で敏感肌に悩む男性のQOL向上へ
 第一三共ヘルスケアは9月5日、男性の敏感肌を皮膚科学に基づいて考えたフェイスケアシリーズ「ミノン メン」(4品目、1500~1800円)を全国のドラッグストアなどで発売する。

 従来のセルフ流通男性化粧品は、ミドル世代向けの「エイジングケア」と若年層向けの「清潔・スッキリ」の2軸展開が中心で、いずれも普通肌向けのユーザーに対する訴求が一般的だった。

 しかし、同社では男性化粧品の中で「低刺激性・敏感肌を訴求するブランドが存在していない」(村瀬高司マーケティング部ブランド推進第二グループブランドマネージャー)点に着目した。

 1973年に誕生し、敏感肌ケアのパイオニアブランドとしてデビューから45周年を迎える「ミノン」では、敏感肌に悩む男性に向けた新シリーズの投入で、QOL向上と男性化粧品市場の活性化を目指す。

あと82%

粧業日報の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 第一三共、「ミノン メン」で敏感肌に悩む男性のQOL向上へ

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop