花王 澤田道隆社長、2019年は勝負の1年に

週刊粧業 2019年1月1日号 12ページ

2019年1月17日 13時30分

Sss20190101 5 1

 花王は、中期経営計画「K20」(2017年度~2020年度)において、実質売上高CAGR+5%、営業利益率15%という高い目標を掲げている。

 「K20」2年目の2018年は、売上・利益が目標をやや下回る形で推移しているが、課題である化粧品事業で構造改革が着実に進展し、営業利益率の改善が図れるなど、今後に向けて明るい兆しも見え始めている。

 澤田社長に昨年度の回顧と今年度の基本方針を中心にインタビューした。

18年度業績は堅調に推移も
事業ごとの好不調が鮮明に

 ――まずは、昨年1年間を振り返っていただけますか。

 澤田 2018年は、「成長事業の継続」「課題事業の好転」「コア事業の維持」の3点に取り組みました。

 1つ目の「成長事業の継続」については、紙おむつ事業を指しています。2010年頃から「日本製の優れた製品を使いたい」という中国の方々の高い支持を得て急速に売上を拡大し、この間の当社の売上・利益の成長を支え続けてきました。しかし、2018年の紙おむつ事業は成長の継続には至りませんでした。

 近年、中国の並行輸入業者の動きが活発になり、日本から中国への転売が発生しています。こうした転売について、日本国内での品薄が解消に向かう局面では、中国における並行輸入業の在庫余剰の傾向がみられ、価格が乱れる要因となり、苦戦を強いられました。

 一方、もう1つの成長事業であるスキンケア事業については、「ビオレ」「キュレル」が牽引し、想定以上の成果を挙げることができました。

 2つ目の「課題事業の好転」に向けては、化粧品事業と欧米の家庭品事業、食品事業の立て直しに取り組みました。

 化粧品事業については、2017年まで非常に厳しい状況が続いていましたが、18年は前年を大きく上回る利益の上積みを図ることができました。

 新成長戦略「新グローバルポートフォリオ」のもと、重点的に強化するブランドを選定し、そこに投資を集中した結果、初年度としては非常にいい形で進捗しました。

 ただ、中身を見ると、中国を中心とするアジアやエキップが好調を下支えしているというのが現状であり、基幹ブランドが成長軌道に乗るといったところにまでは至っていません。今後については、グローバル戦略ブランドに据えた「G11」に重点を置き、売上・利益のさらなる拡大を目指していきます。

 欧米の家庭品事業については、特に欧州で展開している「ジョンフリーダ」や「グール」などのインバスヘアケアが苦戦しました。ここ数年、売上・利益とも減少傾向にあり、何とかこの傾向に歯止めを掛けたかったのですが、うまくいきませんでした。

 2019年は、組織を変え、モノづくり体制も変えながら、反転攻勢に出ていきます。今後2年で回復といえるところまで持っていきます。

 食品事業は、内臓脂肪低減を訴求するトクホ飲料市場の競争が激化したことで「ヘルシア」が苦戦を強いられていました。2018年は売上の減少傾向に歯止めを掛け、攻勢に転じる1年にしたいということで、効果を実感していただけるよう継続飲用にターゲットをあて、ケース購入を促してきました。ロイヤル化が図れたことで、さらなる売上の減少には歯止めを掛けられましたので、2019年は粉末タイプ(緑茶・黒豆・コーヒーの3種、機能性表示食品)をeコマースだけでなく、ドラッグストアルートにも広げていくことで、花王らしい食品事業を再興するための第一歩としていきます。

 「コア事業の維持」については、課題が残る1年となりました。当社では、シェアも収益性も高い事業であるファブリックケアをコア事業と位置づけていますが、競合との切磋琢磨の中でシェアを上げるというところには至りませんでした。2019年は業界を牽引するような製品を投入し、大きく勝負していきます。

 全体的には、売上・利益とも前年を上回る実績を確保する見込みですが、もう少し伸ばしたかったというのが正直なところです。

あと74%

こちらの記事は週刊粧業の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

有料プランについてはこちら

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 6月17日 11時30分
    イオンモール川口、隣接の自社モール...
  2. 2位 6月18日 10時30分
    コーセー、マーメイドジャパンの選手...
  3. 3位 6月17日 10時00分
    コーセー、コスメデコルテからメーク...
  4. 4位 6月17日 16時00分
    日光ケミカルズ、水添レチノールに新...
  5. 5位 6月18日 10時00分
    一丸ファルコス、新規原料3品目を一...
  6. 6位 6月18日 12時00分
    岩瀬コスファ、ユニークなエイジング...
  7. 7位 6月18日 14時00分
    ホシケミカルズ、天然由来の高機能ダ...
  8. 8位 6月18日 11時00分
    ライオン、ニューノーマル時代のオー...
  9. 9位 6月18日 11時30分
    ロート製薬、ボラギノールの製造元・...
  10. 10位 6月14日 10時30分
    ポーラ化成工業、顔の上半分と下半分...
  1. 1位 6月14日 10時30分
    ポーラ化成工業、顔の上半分と下半分...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  4. 4位 6月14日 15時05分
    コーセー、新型コロナウイルスワクチ...
  5. 5位 6月14日 15時00分
    ファーマフーズ、ニューモ育毛剤の海...
  6. 6位 6月14日 11時00分
    クレンジングバームDUO、累計出荷...
  7. 7位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  8. 8位 6月14日 16時00分
    オルビス、スタイリングのストレスを...
  9. 9位 6月14日 10時00分
    ナリス化粧品、ふきとり化粧水国内販...
  10. 10位 6月11日 10時30分
    ポーラ、コロナ前後で肌変化を比較 ...
  1. 1位 5月24日 14時00分
    資生堂、革新的なクレンジングウォー...
  2. 2位 5月26日 15時00分
    コーセー、第21回SCCJ優秀論文...
  3. 3位 5月25日 10時30分
    コーセー、驚きのさらさら感が特徴の...
  4. 4位 5月25日 10時00分
    資生堂、日本初の多機能技術を搭載し...
  5. 5位 5月19日 13時30分
    牛乳石鹼、無添加シリーズから待望の...
  6. 6位 6月14日 10時30分
    ポーラ化成工業、顔の上半分と下半分...
  7. 7位 5月31日 13時00分
    アンチエイジング 牛島社長、ヒト幹...
  8. 8位 5月26日 13時30分
    資生堂グループ、人事異動(2021...
  9. 9位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  10. 10位 6月3日 12時30分
    ポーラ、みずみずしく生命感溢れるツ...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ