花王グループカスタマーマーケティング 竹内俊昭社長、時代の半歩先行く提案めざす

週刊粧業 2019年1月1日号 6ページ

2019年1月18日 13時30分

Sss20190101 8

 花王グループは、2018年1月1日付で、美容カウンセリング専門会社の設立を含めた、コンシューマープロダクツ事業にかかる国内販売会社の再編を実施し、グループの総合力、専門性、生産性の向上を目指して、「花王・カネボウ化粧品の販売会社一体化」「美容カウンセリング専門会社の設立」「マーチャンダイジング機能の集約」の3つを軸に新体制での運営をスタートさせた。

 竹内俊昭社長にこれまでの活動の成果と課題、今後の経営方針についてインタビューした。

2018年はトイレタリー市場、
化粧品市場とも101%で推移

 ――トイレタリー市場や化粧品市場の動向についてはいかがでしょうか。

 竹内 昨年1~11月までの累計金額(インテージ、SRI)でトイレタリー市場は101.2%となっています。1~3月は99.7%と前年割れでスタートしましたが、4月以降は、4~6月が101.7%、7~9月が101.7%、10~11月が101.9%となっており、比較的堅調に推移しています。年間では微増で着地するものと見ています。

 一方、昨年1~11月までの累計金額(インテージ、SRI)で化粧品市場は101.5%となっています。1~3月が102.5%、4~6月は101.8%、7~9月は101.1%、10~11月は100.1%と少しずつ下がってきています。

 こうした状況の中、当社では、主要カテゴリーで競合との激しい競争により、1~6月は苦戦しましたが、7月以降は回復傾向にあります。

 特に、当社では、「ベビー用紙おむつ」「ヘアケア」「衣料用洗剤」が苦戦しました。

 「ベビー用紙おむつ」については、市場が前年割れとなる中、市場を上回るマイナスとなりました。インバウンド需要の減少や中国電子商取引法などの影響により、「メリーズ」の国内販売が低迷したことが主な要因ですが、日本人による購入はむしろ増えており、シェアも上がってきています。

 「ヘアケア」については、800円以上のプレミアム市場と、800円未満のマス市場に分けて分析すると、プレミアム市場が伸長し、マス市場が減少している状況です。直近ではプレミアム市場とマス市場の規模はほぼ拮抗しています。

 縮小傾向にあるマス市場を主戦場とし、「メリット」や「エッセンシャル」を展開する当社では、改良によりテコ入れを図り、出荷も順調に進みましたが、マス市場がシュリンクしていく中で、シェアを拡大できても売上が減少してしまうという状況でした。

 2019年はマスブランドとともに、プレミアムラインの強化も行っていきます。

 「衣料用洗剤」は、競合との競争激化により特に上期が非常に苦戦を強いられました。下期からは在来型の「アタック 抗菌EX スーパークリアジェル」と濃縮型の「アタック Neo 抗菌EX  Wパワー」のブルー2品を押し出したプロモーションを実施し、巻き返しを図りました。「フレグランスニュービーズジェル」の改良が寄与したこともあり、下期以降はシェアが回復傾向にあります。ただ、前半のマイナスがあったのは事実であり、トータルでは厳しい状況となりました。

 一方、カテゴリーでは「洗顔料」「生理用品」「日やけ止め」「制汗防臭剤」、ブランドでは「カビハイター」「キュレル」が好調に推移しました。

あと68%

こちらの記事は週刊粧業の有料プランをご契約の方のみ閲覧可能です

有料プランについてはこちら

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 2月15日 12時00分
    コーセー2019年3月期第3四半期...
  2. 2位 2月15日 11時00分
    富士経済、機能性化粧品の国内市場調...
  3. 3位 2月15日 12時00分
    仙台三越、2館体制で東北で唯一の化...
  4. 4位 2月15日 10時00分
    資生堂、「uno」より男性用BBク...
  5. 5位 2月14日 15時00分
    資生堂2018年12月期、営業利益...
  6. 6位 2月14日 14時00分
    牛乳石鹼共進社、新バウンシアで濃密...
  7. 7位 2月15日 13時00分
    小林製薬、2018年12月期は国内...
  8. 8位 2月15日 10時00分
    順調に拡大続くボディソープ、泡タイ...
  9. 9位 2月14日 16時00分
    花王、「ビオレu」に手のひら洗いに...
  10. 10位 2月12日 10時00分
    ヤクルト本社、第2回「ジャパンSD...
  1. 1位 2月12日 12時30分
    資生堂、化粧品に次ぐ新たな柱として...
  2. 2位 2月4日 14時00分
    日本通信販売協会、美ボディに関する...
  3. 3位 12月14日 14時00分
    P&Gパンテーン、ミセラーテクノロ...
  4. 4位 12月14日 12時00分
    フィッツコーポレーション、ミセラー...
  5. 5位 12月14日 11時00分
    ロゴナジャパン、スキンケアしながら...
  6. 6位 12月14日 13時00分
    NAOS JAPAN、皮膚科学に基...
  7. 7位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  8. 8位 11月22日 19時30分
    冬はすぐそこ!血流改善で冷え対策
  9. 9位 1月29日 16時00分
    XYZプリンティング、肌分析技術搭...
  10. 10位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  1. 1位 12月14日 14時00分
    P&Gパンテーン、ミセラーテクノロ...
  2. 2位 12月14日 11時00分
    ロゴナジャパン、スキンケアしながら...
  3. 3位 12月14日 12時00分
    フィッツコーポレーション、ミセラー...
  4. 4位 12月14日 13時00分
    NAOS JAPAN、皮膚科学に基...
  5. 5位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  6. 6位 11月22日 19時30分
    冬はすぐそこ!血流改善で冷え対策
  7. 7位 11月15日 20時00分
    気になる抜け毛や痛み…秋のまつ毛ダ...
  8. 8位 10月12日 18時00分
    肌疲れを冬に持ち越さない!秋の肌老化ケア
  9. 9位 1月28日 14時00分
    ヘンケルジャパン、クラウドファンデ...
  10. 10位 1月29日 12時00分
    ランクアップ、新製品発表会を開催

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ