順調に拡大続くボディソープ、泡タイプ・保湿が市場を牽引

週刊粧業 2019年2月11日号 8ページ

順調に拡大続くボディソープ、泡タイプ・保湿が市場を牽引
 2018年のボディソープ市場は、「泡タイプ」や「保湿プレミアムタイプ」などの高価格帯アイテムが市場を牽引し、前年比6%増の約700億円となった。

 また、購入容量は前年比3%増、容量単価も3%増となっている。

 人口が減少しており、ボディソープの使用回数も横ばいとなっている中、市場が拡大している要因としては、単独世帯や核家族世帯の増加によって世帯数が増加していることやこれまで固形石けんを使用していた人がボディソープへ移行していることなどがある。

あと81%

週刊粧業の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 順調に拡大続くボディソープ、泡タイプ・保湿が市場を牽引

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop