ヘアケアマーケット、停滞打開の鍵は気鋭の原料に

C&T 2018年12月17日号 51ページ

ヘアケアマーケット、停滞打開の鍵は気鋭の原料に
 去る10月22日に発行した週刊粧業65周年記念号の目玉特集「シンクタンクに聞く2019年化粧品市場」において、一部のアナリストや取材対応者はヘアケア市場が活気を欠いていると指摘し、全体的に好調に沸き立つ化粧品マーケットにあって頭髪用が勢いを失っている様子が浮かび上がった。

 一例として、長い期間にわたって市場を牽引している訴求キーワード「ボタニカル」を例にすると、鮮度を放つというよりはここへきて根を張り、1つのジャンルを確立した印象がある。

 消費者の新しい興味を喚起するという意味において、「ボタニカル」は役目をまっとうしたようだ。

あと74%

C&Tの有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > ヘアケアマーケット、停滞打開の鍵は気鋭の原料に

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop