ナチュラル&オーガニック原料、機能性や環境への関心高まる

C&T 2019年9月17日号 33ページ

ナチュラル&オーガニック原料、機能性や環境への関心高まる
 矢野経済研究所が2018年12月に発表した2017年度の国内におけるナチュラル・オーガニック化粧品市場は、化粧品に対する安全・安心志向の高まりや、環境問題などの社会貢献に対する関心の上昇、敏感肌を自覚する消費者の増加を背景に、前年度比4.9%の1297億円と拡大が続いている。

 2018年度には、4.1%増の1350億円になると推計されており、一般化粧品からの切り替え需要を含めた新規顧客の取り込みにより引き続き市場が広がっていくものと推測される。

 この需要を受け、各原料メーカーには安心・安全に付随して、機能性の高さやサステナブルな供給方法といった付加価値のあるナチュラル&オーガニック原料の開発が求められるようになってきている。

あと68%

C&Tの有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > ナチュラル&オーガニック原料、機能性や環境への関心高まる

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop