化粧品のサブスクリプションサービス最前線

C&T 2019年9月17日号 27ページ

化粧品のサブスクリプションサービス最前線
 矢野経済研究所が今年4月に発表した国内のサブスクリプション(定額)サービス市場に関する調査結果によると、2018年度は化粧品を含む8市場合計が5627億3600万円(エンドユーザー支払額ベース)で、5年後の2023年度は8623億5000万円になると予測している。

 昨今は動画や音楽、ファッションをはじめ、自動車・ソフトウェア・メディア・食品などのあらゆる分野でサブスクリプションサービスが普及し、今や生活の中でも身近なものとなってきている。

 化粧品業界においても、忙しい女性や感度の高い女性を対象にしたコスメのサブスクリプションサービスがベンチャー企業のみならず、大手メーカーの参入もあり活発化している。

あと76%

C&Tの有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 化粧品のサブスクリプションサービス最前線

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop