西日本化粧品工業会 西村会長、化粧品業界の健全な発展に向けて

週刊粧業 2020年1月1日号 18ページ

2020年1月15日 13時00分

Ss20200101 128

 5月1日から新しい元号「令和」がスタートし、10月に執り行われた「即位礼正殿の儀」には、191の国や地域、さらには国際機関から元首や王族、祝賀使節など合わせて約2000人が参列する中、天皇が自らの即位を国の内外に宣明されました。

 新しい天皇の下、「令和」に込められた「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味のごとく、平和で安全な時代になることを切に願っています。

 化学の分野では、リチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞を旭化成名誉フェローの吉野彰氏ら3名が受賞され、産業界の研究者に希望を与えました。

 また、スポーツの分野ではアジア初のラグビーワールドカップが開催され、「ONE TEAM」のスローガンの下、日本チームの目覚ましい躍進が世界の注目を集め、我が国のラグビー人気の大きなうねりを生み出しました。さらに、我が国のおもてなしも奏功し、「最も偉大なワールドカップとして記憶に残る、日本は開催国として最高であった」との評価を受けました。

 今年はオリンピック・パラリンピックの年であります。また、2025年には大阪万博が開催されます。日本が世界に報道される機会が続きますが、昨年受けた我が国の評価が一層向上するよう化粧品業界がワンチームとなって高い品質の魅力的な製品を送り出せるよう当工業会も取り組んでいきたいと思います。

 ところで、我が国を取り巻く状況を見ますと、国際通貨基金(IMF)は、2019年の世界経済の成長率は3.0%で当初予測よりも下方修正されました。

 3.0%という数値は、リーマン・ショック以来の低水準です。これは、貿易摩擦の激化のみならず、地政学的な不透明感、新興・途上国における景気減速、先進国での高齢化や生産性の伸び悩みといった構造的要因などを背景としています。

 2020年の成長率はやや持ち直し3.4%と予測されていますが、力強い回復は見込まれていません。このように、米中摩擦の激化は世界経済にとっての最大の脅威であり、そこに、欧州政治問題、中東情勢や香港デモといった問題が加わると不確実性が高まるばかりです。

 この通商摩擦と地政学的緊張を緩和すべく各国が協調し、良いタイミングでの経済活動支援等の事態打開に向けた対処を望むところです。

 また、国内では、消費税率が10%に引き上げられました。内閣府が11月に発表した月例経済報告によれば「景気は、輸出を中心に弱さが長引いているものの、緩やかに回復している。

 ただし、通商問題を巡る緊張、中国経済の先行き、英国のEU離脱の行方等の海外経済の動向や金融資本市場の変動の影響に加え、消費税率引上げ後の消費者マインドの動向に留意する必要がある」としています。

 安倍首相には、消費税の引上げによる消費低迷が生じることのないようリスクを想定した万全な政策を期待するとともに、知恵を絞って、国民の命と平和な暮らしを守り、夢と希望が持てる国にして欲しいものと念願しております。

 我々化粧品業界は2016年に輸出額が輸入額を初めて上回り、化粧品産業が貿易黒字化しましたが、その傾向は現在も続いています。

 2019年1月~6月の出荷金額は8438億円で前年同期比3.4%の増加、化粧品輸入額は1372億円で前年同期比6.8%の増加、輸出額は2820億円で前年同期比15.4%の増加で輸出額が輸入額の2倍になっています。

 日本政府観光局によると2019年上期の訪日外国人旅行者数は1663万人で前年同期比4.6%の増加、訪日客が使った旅行消費額は2.4兆円で旅行者数、消費額、ともに過去最高となり好調です。

 当工業会は縮小していく日本市場を背景に、今後の発展のためには海外展開が不可欠であると考えており、その一助として輸出を行っている会員が必要としている輸出証明書の発給業務を見直し、利用しやすいものへと改善していきます。

 また、的確な情報を迅速に提供すること、コンプライアンスの向上のためにインターネット広告の適正化を図ること、広告ガイドラインや表示に関する規定の周知、消費者対応へのサポートなどに積極的に取り組むとともに、関係団体との連携をより一層密にすることにより、化粧品業界の健全な発展に努めてまいります。

 新しい年が化粧品業界の飛躍の年となるよう祈念するとともに、今後とも当工業会に倍旧のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げ、新年の挨拶といたします。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 8月6日 17時30分
    資生堂、ヤーマンと合弁契約を締結
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 8月6日 10時30分
    オルビス、体験特化型ショップでパー...
  4. 4位 8月7日 16時00分
    コーセー、目に見える効果を追求した...
  5. 5位 8月5日 16時30分
    ライオン、「NONIO(ノニオ)」...
  6. 6位 6月11日 14時15分
    第2波に備えて準備しているものは「...
  7. 7位 8月5日 18時30分
    花王、大判シートの採用で帰宅直後の...
  8. 8位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  9. 9位 6月19日 10時00分
    口紅移りを防ぎつつ冷感効果も得られ...
  10. 10位 8月7日 10時30分
    マンダム、秋の新製品発表会をオンラ...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 6月11日 14時15分
    第2波に備えて準備しているものは「...
  3. 3位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  4. 4位 6月17日 10時40分
    日本初となる使い捨てウイルス対応冷...
  5. 5位 8月6日 17時30分
    資生堂、ヤーマンと合弁契約を締結
  6. 6位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  7. 7位 6月19日 10時00分
    口紅移りを防ぎつつ冷感効果も得られ...
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 7月31日 18時00分
    ロート製薬、ヒアルロン酸が紫外線ダ...
  10. 10位 6月22日 13時00分
    耳にかけないマスクが販売開始、ヘア...
  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 6月11日 14時15分
    第2波に備えて準備しているものは「...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 6月17日 10時40分
    日本初となる使い捨てウイルス対応冷...
  5. 5位 7月13日 15時45分
    ポーラ、ストレスで突然起きる肌の不...
  6. 6位 7月13日 09時45分
    資生堂、手荒れに配慮した処方の手指...
  7. 7位 7月9日 10時00分
    アルビオン、化粧品づくりを一般公開...
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 6月19日 10時00分
    口紅移りを防ぎつつ冷感効果も得られ...
  10. 10位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ