三洋化成工業、同社初の化粧品ブランドの発表会を開催

粧業日報 2020年1月22日号 3ページ

2020年1月22日 11時30分

Sn20200122 1

 原料開発を主軸とする三洋化成工業(本社=京都)は12月12日、今春中国で展開を予定している同社初の化粧品ブランド「Cheriage(シェリアージュ)」(全6SKU、2500~5000円)の発表会を開催した。

 「シェリアージュ」は、同社のスポンサーを務める中国人プロゴルファーのセキ・ユーティン選手、ユウリ選手の姉妹と共同で開発され、同社とセキ姉妹にゆかりのある京都発のプレステージブランドと位置づけられている。

 「もっとかわいく、もっとつよく」をコンセプトに掲げ、セキ姉妹のように自分らしく活躍する若い女性をメインターゲットに外見の強さと内面の美しさを発揮できるブランドを目指していく。

 ブランド名の由来となった桜の季節に合わせ、3月~4月に中国の越境ECモール「inagora」でテストマーケティングを開始する予定で、ライブコマースの活用など幅広い販促活動を展開していく。

 市場の導入に先立ち、安藤孝夫代表取締役が開発背景や展開の狙いについて、Beauty&PersonalCare部(以下、BPC部)部長の木村弘子氏が商品のコンセプトと特長について概要を説明した。

末端化粧品の開発で
市場ニーズの把握を図る

 高吸水性樹脂を主軸に多様な原料を開発してきた三洋化成工業は、2017年5月に社長直轄の化粧品プロジェクト「Sanyo Skin Coffret」を立ち上げ、OEMメーカー出身の木村弘子氏(現BPC部長)をはじめメンバーに8名の精鋭を抜擢。約3000品種にわたる独自の原料や評価・開発技術など同社のノウハウを一般消費者のニーズに落とし込み、化粧品事業の強化を図ってきた。

 昨年10月には、プロジェクトを「BPC部」と事業部化しメンバーを18名に増員したほか、原料の評価方法を改良しメンバーが各々の能力を発揮できる盤石な開発体制を整えている。

 安藤社長は「界面活性制御技術をはじめ様々なコア技術とユーザーのニーズを機能・物性プロセスに落とし込み、最短ルートで製品化する開発スタイルを強みとする一方で、化粧原料開発ではこれまで男性の研究者目線に偏り、消費者のニーズを把握しきれていなかった」ことが化粧品事業を強化する契機となったことに言及した後、BPC部の事業の一環として末端化粧品の開発に踏み切った背景と狙いについて、「女性リーダーを擁したプロジェクトの発足を起点に女性の感性に寄り添った製品開発を行ってきたが、消費者ニーズのさらなる深化を図るべく、今回、化粧品ブランドの展開に踏み切った。同ブランドを化粧品分野における当社の認知向上にも活用したい」と語った。

外的環境への対応で
アクティブな女性を取り込む

 「シェリアージュ」は、スキンケアラインとメークアップラインを合わせ、全6SKUを展開している。

 スキンケアラインに揃える洗顔フォーム「フェイシャルウォッシュ」(150mL・4000円)は、ボタンエキスをはじめ中国で人気のある4種類の保湿成分を配合し、弾力のある泡とともに肌を守りながら汚れを洗い流していく。また、「スキンバリアミスト」(60mL・5000円)は汗や皮脂によるメイク崩れを防ぐほか、ほこりや花粉・PM2.5をブロックし、屋外で過ごす機会が多いアクティブな女性の肌を保護する。このほか、セキ姉妹がそれぞれ好みの色を選択したメークアップラインは、美容添加剤配合でスキンケアも叶う「モイストルージュ」(全2色各3.9g5000円)と、汗や摩擦に強い「アイライナー」(全2色各0.6mL・2500円)を展開しており、全商品に国内外から厳選した原料を配合するなど、こだわり抜いた開発を行った。

 「開発では機能性の高いバルクに加え、容器やパッケージデザインにも注力しセキ姉妹のイメージに乖離しないことを重視した。セキ姉妹のように屋外で過ごすことが多いアクティブな女性の素肌は、紫外線やPM2.5など日常的に様々な刺激を受けている。そのような女性の素肌を守り輝かせることで、彼女たちがより自分らしく前を向いて進めるようなブランドを目指していく」(木村氏)

 発表会はセキ姉妹も登場し、商品の開発や使い心地などについて感想を述べた。

 ユーティン選手は「妹のユウリとともに『シェリアージュ』を開発することができ嬉しく思う。ゴルファーとして雨や風など厳しい環境下に置かれた際に、ミストを使用しメークをキープすることで自信につながった。このように高品質な『シェリアージュ』をより多くの中国の方に使っていただけるよう私たちも応援したい」と語り、ユウリ選手は「初めての化粧品開発だったが、三洋化成工業の開発チームの方が私たちの好みをしっかりヒアリングしてくださり、とても楽しい経験となった。アクティブな女性が使用できるよう工夫を重ねて完成した商品なので、ぜひ多くの皆様に使っていただきたい」とアピールした。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 2月21日 11時30分
    ライオン、2020年ライオン会総会を開催
  2. 2位 2月21日 12時30分
    エスティローダー上期決算、増収営業減益
  3. 3位 2月20日 12時30分
    コーセー、化粧品成分のサンゴへの影...
  4. 4位 2月21日 10時30分
    コーセー、2020年第3四半期決算...
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 2月20日 09時30分
    シバハシケミファ、本社移転(202...
  7. 7位 2月21日 15時00分
    第6回インターフェックス Week...
  8. 8位 2月21日 09時30分
    マンダム、2020年3月期第3四半...
  9. 9位 2月20日 10時30分
    ポーラ化成、体操の習慣化で肌がきれ...
  10. 10位 2月19日 12時30分
    カネボウ、「N-ルージュ」ポップア...
  1. 1位 2月17日 16時00分
    ナリス化粧品、大阪市女性活躍リーデ...
  2. 2位 2月17日 14時00分
    富士経済、機能性化粧品の国内市場調...
  3. 3位 2月17日 15時00分
    エテュセ、新たなコンセプトのもと中...
  4. 4位 2月14日 16時00分
    敏感肌コスメ市場、17年連続増で2...
  5. 5位 2月18日 12時00分
    ポーラ、及川美紀社長が所信を表明
  6. 6位 2月20日 12時30分
    コーセー、化粧品成分のサンゴへの影...
  7. 7位 2月18日 10時30分
    昭栄薬品、「トリポーラス」を配合し...
  8. 8位 2月18日 15時30分
    資生堂2019年12月期、売上高・...
  9. 9位 2月17日 14時30分
    日本ドラッグチェーン会、マツモトキ...
  10. 10位 2月19日 10時30分
    持田製薬、懇親会でヘルスケア事業の...
  1. 1位 1月28日 11時00分
    コーセー、「雪肌精」のグローバル化を加速
  2. 2位 1月23日 10時30分
    アルビオン、「イグニス」を一新 個...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 1月20日 12時30分
    オルビス、国内空港免税店へ初出店
  5. 5位 1月17日 12時30分
    三葵コーポレーション、ユニークな海...
  6. 6位 1月21日 10時30分
    コーセー、「コスメデコルテ」から多...
  7. 7位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 2月4日 09時30分
    花王グループ、「バイオミメシス ヴ...
  10. 10位 1月28日 14時00分
    中国ECモール化粧品売上高トップ3...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ