2018年ヘアケア市場は堅調に推移、高単価化がさらに進展

C&T 2019年12月16日号 22ページ

2018年ヘアケア市場は堅調に推移、高単価化がさらに進展
 矢野経済研究所の発表によると、2018年のヘアケア市場規模は、前年比2.0%増の4540億円で、伸長率は微増となっている。

 また、富士経済が2019年1~6月にかけて行った調査によると、2019年のヘアケア・ヘアメーク市場は1.2%増と伸長が見込まれており、単価が上昇傾向にある。

 最近はナチュラル・オーガニックから派生したボタニカルカテゴリーが市場に定着したほか、低刺激といわれるアミノ酸系のシャンプーも徐々に投入され始めている。さらに、花王の「and and」など大手を中心にパーソナル商品の投入が活発化している。

あと73%

C&Tの有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 2018年ヘアケア市場は堅調に推移、高単価化がさらに進展

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop