ヒノキ新薬、5月中をめどに消毒液と空間除菌スプレーを商品化

粧業日報 2020年5月15日号

2020年4月21日 18時00分

Ssn20200421 1

 優れた薬効と高い安全性で広く知られるヒノキチオールを全品に配合したスキンケアブランド「ヒノキ肌粧品」(全品医薬部外品)を展開するヒノキ新薬では、ヒノキチオールとある特定金属とのキレート(錯体)が、優れた殺菌力と抗ウイルス効果を発揮することから、5月中をめどに商品化を進める。

 今回商品化を進めるのは、ヒノキチオールとある特定金属のハイブリッドキレートで開発した消毒液「ハイブリッドヴェール」(化粧品、400mL・2800円)と、空間除菌スプレー「ヒノキ ハイブリッドミスト」(雑貨、300mL・2500円)の2品で、阿部武彦社長にヒノキチオールの効能や新商品の開発が始まった経緯について話を伺った。

 ――まずは、ヒノキチオールの効能についてお聞かせください。

 阿部 ヒノキチオールは、戦時下の台北帝国大学でヒノキチオールを発見した野副鐡男(のぞえてつお)博士と共同研究に励み、のちに「ヒノキチオールの育ての父」と呼ばれた医学者の桂重鴻(かつらしげひろ)博士によって、当時不治の病と恐れられた肺結核の結核菌や大腸菌、腸チフス菌、ブドウ状球菌、さらには水虫や破傷風など根治が困難とされてきたさまざまな細菌に対する殺菌効果が高いことがすでに明らかにされている。

 副作用がない優れた安全性とともに、その臨床的応用研究の成果が今日までしっかりと受け継がれている。

 ――どのような経緯で、新商品の開発が始まったのでしょうか。

 阿部 創業者で父の阿部武夫が老人性肺炎で入院した時、桂先生がヒノキチオールを結核などの治療に用いていたことをふと思い出したのが商品化のきっかけだった。

 実際、アルコールにヒノキチオールを溶かしてそれを希釈したものを病室に撒いたところ、それが奏功したのか数値が良くなり退院するまでになった。

 2018年春頃に2~3カ所の敬老施設でインフルエンザなどの院内感染予防として、ヒノキチオールを配合した空間除菌スプレーの試作品を提供し始めたが、いずれも好評だった。

 独自に研究・実験に取り組んできた過程で、ヒノキチオールとある金属物質をハイブリッドキレートさせたところ、鮮やかな緑色の化合物が誕生し、期待以上の殺菌力を発揮した。

 これに着目し、新型コロナウイルス騒ぎが勃発する以前から商品化への取り組みを進めてきた。

 驚いたことに今年3月17日、200年以上の歴史を持つ世界で最も権威のあるアメリカの医学雑誌「The New England Journal of Medicine(NEJM)」で、ある特定の金属に新型コロナウイルスの感染力を短時間で減少させる効果が示されたという論文が発表された。

 ヒノキチオールキレートは、新型コロナウイルスと同様にエンベロープ(膜)を持つRNAウイルスであるインフルエンザウイルスの増殖を抑制することが既に論文で発表されている。

 新商品のウイルスへの効果はまだ検証段階だが、今回新たに発表された論文も踏まえ、ハイブリッドキレートした2品はきっと、お役に立てる商品になるものと期待している。

 ――新商品に込めた想いをお聞かせください。

 阿部 ヒノキ肌粧品は全品「医薬部外品」だが、この認可を取るには時間がかかるため、早急に市場に出すには認可を取る必要のない「化粧品」「雑貨」という扱いで商品化せざるを得ない。

 また、事と次第によっては行政からお門違いの「お叱り」を受けるかもしれないが、時局に鑑みてお叱りを受ける覚悟で取り組んでいく。

 中でも、ハイブリッドヴェールは、アルコール濃度が焼酎並みの20%程度と低いものの、多くの細菌類に対する高い殺菌効果があり、手も荒れにくい。この商品を通して、アルコールを含む消毒液の不足や頻繁な消毒による手荒れなどの悩みの解消にもなるだろう。

 さらに、新商品をきっかけにヒノキ肌粧品のサイエンス重視の姿勢を1人でも多くの人に知ってもらうことも期待している。

 まずは、今までヒノキ肌粧品を信じて使っていただいたヘビーユーザーの方々に報いるべく、5000本を取り扱っている販売店へ無料で配布する予定だ。

 当社は1956年の創業から、「ヒノキ新薬」という名のもとに、明確な論理性と科学性の裏付けのある商品づくりと販売姿勢を真面目に貫いてきた。

 今の化粧品業界は、水と油とニオイをつけてこねくり回すだけの薬九層倍(くすりくそうばい)に見られがちだが、今回の新商品をはじめとした科学的なエビデンスのある化粧品を真摯に作り続けていくことで、業界のイメージを大きく変えていきたい。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 9月30日 11時30分
    コーセー、初のバーチャルネイル試着...
  4. 4位 9月30日 11時00分
    ポーラ、中国・雲南白薬社と協業 新...
  5. 5位 9月30日 10時00分
    明治、紫外線対策ができる機能性ヨー...
  6. 6位 9月29日 20時20分
    花王、長谷部専務が社長に昇格 澤田...
  7. 7位 9月30日 11時00分
    桃谷順天館、腸内フローラの美肌菌に着目
  8. 8位 9月30日 13時00分
    富士経済 山住氏、好不調の分かれ目...
  9. 9位 9月30日 10時00分
    ミルボン、寄附講座「美容・化粧品学...
  10. 10位 9月30日 10時40分
    花王、「クイックル ホームリセット...
  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 9月25日 10時00分
    クラシエ、「ラメランス」新CMに竹...
  4. 4位 7月15日 12時00分
    マンダム、男性向けシワ改善クリームを発売
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 9月24日 15時00分
    コーセー、コスメデコルテの中国売上...
  8. 8位 8月5日 18時00分
    PayPay、花王商品の購入で最大...
  9. 9位 9月24日 10時00分
    資生堂ジャパン、在宅勤務中の肌事情を調査
  10. 10位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 9月14日 15時10分
    花王、スキンケア動作習慣が皮膚状態...
  3. 3位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  4. 4位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  5. 5位 9月11日 14時00分
    資生堂、太陽光強度のブルーライトが...
  6. 6位 9月17日 16時00分
    ポーラ、70代以上の人の肌は最もう...
  7. 7位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  8. 8位 8月31日 15時30分
    ライオン、2023年春に本社を台東...
  9. 9位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  10. 10位 8月5日 18時00分
    PayPay、花王商品の購入で最大...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ