TT総研、10代女性への新型コロナウイルスの影響を調査

2020年4月22日 14時45分

Ssn20200422 5

 ティーン世代のトレンドやインサイトを分析するマーケティング研究機関「TT総研 -Teens Trend総研-」(ティーティー ソウケン)は4月6日、15~19歳の女性315名を対象に「10代女性への新型コロナウイルスの影響」に関する調査を行った。

 はじめに、直近1か月で〈増えた〉時間について尋ねたところ、約8割(78.4%)が「SNS」と回答。休校や外出自粛の影響もあり、在宅中の暇つぶしやコロナ関連の情報収集を目的に、SNSの利用時間増加している人が多かった。次いで、「ゲーム」(58.1%)、「テレビ」(55.2%)、「ゲームアプリ」(46.0%)の順となり、ゲーム機からゲームアプリへ、テレビからネット視聴へとシフトしてきた昨今のトレンドに変化が見られる結果となった。

 一方、直近1か月で〈減った〉時間について尋ねたところ、約5割(49.5%)が「勉強」と答えたほか、「散歩・ランニング」(26.0%)、「筋トレ・ストレッチ」(17.5%)、「友達との連絡」(16.2%)といった回答が上位に挙がった。多くの学校が休校となる中、各家庭での「テレスタディ」環境が追い付いていない現状が伺えた。

 直近1か月で変化した〈SNSの使い方〉について尋ねたところ、約8割が「YouTubeを今まで以上に見るようになった」(79.7%)と回答した。また、ほかのSNSについても「今まで以上に見るようになった」というユーザーは多く、Twitterが66.3%、Instagramが62.9%、TikTokが30.5%となった。各SNSの閲覧が増加する一方で、外出自粛の影響で投稿のネタが少ないせいか、SNSの投稿頻度に関しては、極端な増加傾向は見られなかった。

 さらに、SNSの新しい使い方について具体的に尋ねたところ、InstagramとTwitterに関する回答が目立ち、Instagramでは「ビデオチャットを初めて使った」「芸能人のインスタライブを初めて閲覧した」「料理を初めて投稿した」、Twitterでは「ニュースを見るために初めて使った」「大学の友人を作るために検索した」などが挙がった。

 次に、直近1か月で〈購入したもの〉について尋ねたところ、40.0%が「化粧品」、30.5%が「衣服」と回答。コロナの影響下でも、10代女性の購入したものは身だしなみアイテムが上位を占める結果となった。次いで書籍関連の購入品が目立ち、「マンガ」が21.9%、「小説」が17.1%、「勉強法本」が9.5%となっている。前出の直近1か月で〈増えた〉時間の質問においても、21.3%が「読書」と回答しており、10代の活字離れに歯止めをかけるきっかけとなっている。

 続いて、直近1か月で〈初めて利用したオンラインサービス〉の有無について尋ねたところ、半数以上(51.7%)がなにかしらのオンラインサービスを初めて利用していた。内訳としては、「ABEMA」(11.4%)、「メルカリ」(9.5%)、「Amazon」(8.3%)、「Amazonプライム・ビデオ」(7.9%)、「Spotify」(6.0%)、「Hulu」(4.8%)、「Netflix」(4.1%)、「Apple Music」(3.5%)といった有料の動画配信サービスや音楽配信サービスの初めての利用が目立った。

 一方、インターネット予備校の「スタディサプリ」は1.6%、映像授業の「トライイット」は0%と、オンライン学習サービスを初めて利用したという回答は僅かという結果となった。

 現時点で〈将来なりたい職業〉について尋ねたところ、1位「医師・看護師」(12.1%)、2位「公務員」(10.5%)、3位「会社員」(10.2%)という結果になった。また、直近1か月でなりたい職業に〈変化〉はあったか具体的に尋ねたところ、「医療・保育・国際協力の仕事をしたいと思うようになった」というような社会貢献意識や、「安定を求めるようになった/色々な仕事の現状について調べるようになった」といった安定・現実思考が伺える一方、「YouTuber/K-POPアイドルになりたいと思うようになった」といったオンラインのエンターテイメントに対する憧れも見受けられた。

 直近1か月での〈考え⽅の変化〉について尋ねたところ、「お金を大切に使いたい」が50.5%、「社会問題に関心を持った」が49.8%、「十分な運動を心がけたい」が45.4%となった。

 新型コロナウイルスの10代女性への影響は、SNS利用や購買行動・オンラインサービスの利用における変化にとどまらず、将来観や意識面にまで及んでいることが今回の調査を通じて浮き彫りとなった。

アクセスランキング

  1. 1位 8月2日 14時00分
    資生堂、老化の伝播引き起こす真皮老...
  2. 2位 8月4日 11時00分
    花王、「アタック ZERO 部屋干...
  3. 3位 8月5日 12時00分
    コーセー、「コスメデコルテ」からリ...
  4. 4位 8月1日 14時00分
    資生堂、スパチュラ自立格納容器の開...
  5. 5位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  6. 6位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  7. 7位 8月5日 13時00分
    コスモス薬品、自力出店で地域の完全制覇へ
  8. 8位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  9. 9位 8月5日 11時00分
    花王、なめらかな指どおりを持続させ...
  10. 10位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  1. 1位 8月1日 14時00分
    資生堂、スパチュラ自立格納容器の開...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  4. 4位 8月2日 14時00分
    資生堂、老化の伝播引き起こす真皮老...
  5. 5位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  8. 8位 8月4日 11時00分
    花王、「アタック ZERO 部屋干...
  9. 9位 8月3日 11時00分
    資生堂、Makuakeにてリトリー...
  10. 10位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 6月30日 10時00分
    ファンケル、ニキビの炎症を抑える成...
  5. 5位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  6. 6位 8月1日 14時00分
    資生堂、スパチュラ自立格納容器の開...
  7. 7位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 3月17日 13時00分
    伊藤忠ファッションシステム、WGS...
  10. 10位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ