グローバル企業が注⽬している「マイクロバイオーム」とは !?

週刊粧業 2020年6月29日号 6ページ

2020年7月1日 15時00分

Ss20200629 16

●新たな注⽬キーワード

 マイクロバイオーム(Microbiome、微⽣物叢)とは、体内の微⽣物が形成する群集を指すもので、これらが肌や体内のバランスを保つ役割をしている。これまでの特別な成分や機能を与えるという考え⽅ではなく、すでに体内にあるマイクロバイオームを活⽤し、肌の健康を取り戻せるという点で、近年市場で⼤きな注⽬を集めてきた。

 とりわけスキンケア商品にマイクロバイオームを活⽤した商品が増加傾向にある。また、ニキビ・アトピー性⽪膚炎・乾燥肌など、肌トラブルの改善に効果があることで、化粧品企業が研究開発に注⼒している。

 フランスのダーマ化粧品(低刺激・敏感肌向けの化粧品)ブランド、アベンヌ(Avène)は2019年末、韓国で開催したシンポジウムのテーマを「肌マイクロバイオーム」とし、世界中から100名以上の⽪膚科専⾨医を招いて研究結果を発表した。

 アベンヌの他にも、ロレアル、アモーレパシフィック(AMOREPACIFIC)等の化粧品企業がマイクロバイオーム関連の商品を発売している。

 ロレアルはとりわけこの分野での研究が活発なことで知られている。

 ラ ロッシュ ポゼ(LA ROCHE₋POSAY)の新商品である「リピカバームAP+M(Lipikar baume AP+m)」はマイクロバイオームでかゆみを伴う乾燥肌を改善する商品である。主にスキンケアに強みを持っているブランドがマイクロバイオームを活⽤する技術を活かし、市場競争での優位に⽴とうとしている。

●消費者の興味関⼼も上昇傾向に

 未だ中国のSNS上でマイクロバイオームを指す「微⽣态、微⽣物」というキーワードはあまり認知されていない。

 Weiboでの当該キーワードを含めた投稿数も数少ない。ところが、マイクロバイオームの⼀種である「プロバイオティクス」や「乳酸菌」を検索すると徐々にその関⼼が⾼まりつつあることが⾒て取れる。

 左の図はWeiboで当該キーワードが含まれている商品のエンゲージメントを⽰したものである。2019年の1年間で、2つのキーワードに因んだ投稿が次第に増加、年末には急増する傾向を⾒せている。

 つまり、消費者にとって「マイクロバイオーム」というワードはまだ馴染みがないかもしれないが、多くの消費者はすでにこれを活⽤した商品を使っているのである。中国国内市場のエッセンスカテゴリー上位ブランドであるランコムの「Genifique」、Estee Lauderの「Advanced Night Repair」もマイクロバイオームを活⽤した商品である。

 また、2020年に⼊り、OLAYは酵⺟エキス配合のスキンケアラインであるGolden aura essence lotionを発売し、中国ブランドのCHANDOはランコムのエッセンスと類似した成分を配合したアンチエイジングエッセンスであるTime Frozenエッセンスを販売している。

 今年に⼊り、多くのブランドがマイクロバイオーム成分を⾃社商品に取り⼊れており、そうしたグローバルなトレンドに合わせて中国市場でもトレンドになりつつある。

 マイクロバイオームは健康⾷品、ヘアケア、インナービューティー、抗がん剤に⾄るまで、多様な分野に適⽤可能であり、多⽅⾯での研究が進められている。強い⾹り、⽬に付くパッケージングを⽤いたアプローチではなく、肌本来の免疫⼒を強めるという点で、これを⽤いた技術は消費者層のニーズを満たすものと判断される。

 スキンケアカテゴリーで「マイクロバイオーム」のキーワードが⽬に付く⽇はそう遠くないのかもしれない。

【メジャーチャイナ】(記事提供元)
中国EC・SNSのビッグデータを収集し、ビジネスインサイトを提供するデータ分析会社。中国で取引される6800万個のコスメ商品の売り上げ/価格/効能/原料等を属性別にトレンド分析したデータ、レポートを提供。Unilever,AMOREPACIFIC,LG生活健康, Johnson&Johnson等のグローバルブランド、証券アナリスト等が本社のサービスを利用中。
URL: https://www.measurechina.ai/ja/ E-mail: contact@measurechina.ai

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 6月11日 14時15分
    第2波に備えて準備しているものは「...
  4. 4位 8月5日 16時30分
    ライオン、「NONIO(ノニオ)」...
  5. 5位 8月6日 17時30分
    資生堂、ヤーマンと合弁契約を締結
  6. 6位 7月13日 09時45分
    資生堂、手荒れに配慮した処方の手指...
  7. 7位 6月17日 10時40分
    日本初となる使い捨てウイルス対応冷...
  8. 8位 6月19日 10時00分
    口紅移りを防ぎつつ冷感効果も得られ...
  9. 9位 8月7日 15時00分
    ライオン、液体高濃度洗剤「トップ ...
  10. 10位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 8月6日 17時30分
    資生堂、ヤーマンと合弁契約を締結
  3. 3位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  4. 4位 6月11日 14時15分
    第2波に備えて準備しているものは「...
  5. 5位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  6. 6位 8月5日 16時30分
    ライオン、「NONIO(ノニオ)」...
  7. 7位 6月17日 10時40分
    日本初となる使い捨てウイルス対応冷...
  8. 8位 6月19日 10時00分
    口紅移りを防ぎつつ冷感効果も得られ...
  9. 9位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  10. 10位 7月13日 09時45分
    資生堂、手荒れに配慮した処方の手指...
  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 6月11日 14時15分
    第2波に備えて準備しているものは「...
  4. 4位 6月17日 10時40分
    日本初となる使い捨てウイルス対応冷...
  5. 5位 7月13日 15時45分
    ポーラ、ストレスで突然起きる肌の不...
  6. 6位 7月13日 09時45分
    資生堂、手荒れに配慮した処方の手指...
  7. 7位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  8. 8位 6月19日 10時00分
    口紅移りを防ぎつつ冷感効果も得られ...
  9. 9位 8月6日 17時30分
    資生堂、ヤーマンと合弁契約を締結
  10. 10位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ