富士経済、国内化粧品の販売チャネルの市場調査結果を発表

訪販ジャーナル 2020年8月24日号 4ページ

2020年7月21日 19時38分

Fuji1 vert

 富士経済は、ドラッグストアや百貨店などに加え、通信販売直営店やライフスタイル提案型直営店など多様化が進む国内化粧品の販売チャネルの市場を調査し、その結果を「化粧品業態別販売動向とインバウンド実態調査 2020」にまとめた。

 この調査では、国内の化粧品の店舗販売13チャネル、無店舗販売3チャネルの計16チャネルの市場動向を調査・分析するとともに、各販売チャネルのインバウンド動向も捉えた。

 販売形態別化粧品国内市場(小売ベース)は、店舗販売が19年に3兆5778億円(2.3%増)、20年に3兆1945億円(10.7%減)、無店舗販売は19年に9012億円(0.5%増)、20年に8507億円(5.6%減)を見込む。

 店舗販売の市場規模が大きく、2019年は全体の79.9%を占めた。2014年に化粧品が消費税免税対象となって以降、百貨店やドラッグストア、ディスカウントストア、家電量販店、空港型免税店といった訪日外国人観光客が立ち寄るチャネルの好調により伸長してきた。

 無店舗販売は、構成比の大きい訪問販売が苦戦しているものの、公式通信販売や通信販売卸の好調により2016年以降、伸びてきた。しかし、2020年は新型コロナウイルス感染症の影響により、店舗販売、無店舗販売ともに市場縮小が予想される。

 主要6チャネル、注目2チャネルの市場規模や売上増減要因は以下のとおりとなっている。

あと64%

続きを読むには会員登録が必要になります

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 1月26日 11時00分
    花王、環境中の新型コロナウイルスを...
  2. 2位 12月27日 16時00分
    岩瀬コスファ、数多くの環境配慮型原...
  3. 3位 1月26日 13時00分
    ライオン、ベトナムに本格参入
  4. 4位 1月25日 10時00分
    コーセー、アマンへOEM受託による...
  5. 5位 1月26日 12時00分
    アルビオン、加熱高圧乳化法を活用し...
  6. 6位 1月26日 10時00分
    住商コスメティクス、イノベーション...
  7. 7位 1月25日 11時00分
    SHISEIDO、ブランドアンバサ...
  8. 8位 1月25日 13時00分
    EDOBIO新丸ビル店、「江戸×バ...
  9. 9位 1月26日 14時00分
    首都圏化粧品日用品卸組合、高齢化社...
  10. 10位 1月26日 13時00分
    2023年卸業界展望、エネルギー・...
  1. 1位 12月27日 16時00分
    岩瀬コスファ、数多くの環境配慮型原...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 1月19日 11時00分
    カネボウ化粧品、新コンテンツ「化粧...
  4. 4位 1月20日 10時00分
    花王、機構改革(2023年1月1日付)
  5. 5位 1月20日 13時00分
    全卸連、値上げが進展する一方、コス...
  6. 6位 1月20日 12時00分
    ちふれグループ、渋谷に旗艦店 直営...
  7. 7位 12月28日 10時00分
    2022年ヘアケア市場、環境配慮と...
  8. 8位 1月16日 14時00分
    資生堂ジャパン 直川紀夫社長 20...
  9. 9位 1月23日 11時00分
    マンダム、男性スタイリング市場の再...
  10. 10位 1月20日 13時00分
    東化工・澤田晴子会長、日本ならでは...
  1. 1位 1月12日 12時00分
    花王、3年連続3分野全てでAリスト...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 12月27日 16時00分
    岩瀬コスファ、数多くの環境配慮型原...
  4. 4位 12月28日 10時00分
    2022年ヘアケア市場、環境配慮と...
  5. 5位 12月26日 15時00分
    コーセー、大谷翔平選手とグローバル...
  6. 6位 1月10日 12時00分
    花王、執行役員の異動(1月1日付)
  7. 7位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  8. 8位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  9. 9位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  10. 10位 12月21日 16時00分
    インバウンド回復に向けた化粧品メー...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ