SHIBUYA109 lab.、若者のSDGsに対する意識について調査

訪販ジャーナル 2020年8月31日号 6ページ

2020年8月18日 16時45分

Sn20200831 1

 若者マーケティング研究機関「SHIBUYA109 lab.」は、around20(20歳前後)男女800人(男性:400人、女性:400人)を対象に、「若者のSDGsに対する意識」について調査を行った。



 まず、SDGsの認知状況について尋ねたところ、約6割のaround20がこのキーワードを認知しており、「名称のみ知っている」と回答した人が21.0%、「名称と特徴程度を知っている」と回答した人は23.9%となった。



​ SDGs17の目標から、日本がより力を入れて取り組むべき課題であると思うものを尋ねてみたところ、最も多い回答は「5.ジェンダー平等を実現しよう」(33.6%)、次いで「1.貧困をなくそう」(30.8%)、「3.すべての人に健康と福祉を」(30.4%)という結果になった。

 グループインタビューで尋ねたところ、自分自身や身近な人との関わりがある課題や、学校の授業で取り扱われる課題について問題意識が高い傾向にあった。「ジェンダー平等」については、特に「LGBTQ+」「ジェンダーの不平等や差別」に対して身近かつ解決したいと感じているaround20が多くみられた。

 実際に「身近な友達にもLGBTQ+の子がいて、批判をする人に対して疑問を感じる」「TikTokなどでもLGBTQ+であることを公言し、自分が受ける差別に対する意見などを発信する子をよく見るようになった」「LGBTQ+に対する差別について友達と話すことがある」という声が上がった。

 また「ジェンダーの不平等や差別」について、「自分が着たい洋服・メークをしていたりすると、男の子ウケにはこっちの方が良いよ、と言われ疑問に感じた」「WEBメディアなどでも『男の子は黒髪の方が好きだ』など書かれていたりすることもあり、自分自身ではなく性別で判断されることを窮屈に感じる」等の自らがジェンダーの不平等を感じるシーンを体験することがわかった。



 社会的課題解決に対する興味関心度を聴取したところ、「関心がある」と回答したのは59.5%と半数以上のaround20が、関心があることがわかった。また、現在の社会的課題解決に対しての取り組み状況については、「関心はあるが、特に具体的に取り組んでいることはない」が36.8%と最も多く、次に「具体的に取り組んでいることはないが、情報収集をしている」(26.4%)という結果になり、社会的課題解決に対して関心はあるものの、具体的なアクションを起こしているaround20は少ないことがわかる。

 社会的課題に関して知るきっかけについて尋ねたところ、最も多いのは「学校の授業」(43.1%)、次いで「テレビCM」(22.0%)、「ドラマ・TV番組」(21.4%)という結果になった。また直近の社会的課題への接点について尋ねたところ、SNSからの接触も増えていることがわかった。例えば、米国での黒人差別への抗議活動や、「動物愛護法の各種数値規制改正案」 が挙げられ、それぞれインフルエンサーや友人のSNS投稿で見かけたことが、知るきっかけになったという声も多く聞かれている。SNSを通じてaround20の社会的課題に接触する頻度がこれまでよりも格段に上がり、意識も高まっていることが考えられる。

 またaround20にとって、社会的課題解決の取り組みについてどんなきっかけがあればより取り組めるか尋ねてみたところ、最も多い回答は「お金の節約になる」(42.0%)、次いで「社会的課題について知る機会が身近に増える」(32.5%)、「自分が関わった事柄の成果が見える」(26.0%)という結果になった。

 実際にグループインタビューでは、「レジ袋有料化のタイミングで、節約にもなるのでエコバックを購入した」という回答もあり、エコバックやタンブラーを持つなど、環境にもよく節約にもつながる行為は比較的浸透しやすいことが考えられる。SDGs・社会的課題について、情報の接触頻度と興味関心は強まっているものの、身近に感じられるシーンが少ない項目については自分ごとになっていないのが現状だ。

 企業のSDGsの取り組みについては56.4%が「好感を持てる」と回答しており、社会的課題の解決については、「個人や企業が協力し解決すべきだと思う」という回答が43.8%と最も多く、企業と個人が連携していくことに対して意欲的であることがわかる。

 しかし、グループインタビューでは実際に企業の取り組みについて知る機会がなく、「就活における企業研究のタイミングで企業のSDGsに対する取り組みを見ることはあるが、それまで考えたことがない」という回答が寄せられた。実際に企業のSDGs文脈の取り組みであっても、自分に身近でないブランドの取り組みについては理解を深めるための行動が省かれるため、気付いていないケースが多い傾向にある。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 6月17日 11時30分
    イオンモール川口、隣接の自社モール...
  2. 2位 6月18日 10時30分
    コーセー、マーメイドジャパンの選手...
  3. 3位 6月17日 10時00分
    コーセー、コスメデコルテからメーク...
  4. 4位 6月17日 16時00分
    日光ケミカルズ、水添レチノールに新...
  5. 5位 6月18日 10時00分
    一丸ファルコス、新規原料3品目を一...
  6. 6位 6月18日 12時00分
    岩瀬コスファ、ユニークなエイジング...
  7. 7位 6月18日 14時00分
    ホシケミカルズ、天然由来の高機能ダ...
  8. 8位 6月18日 11時00分
    ライオン、ニューノーマル時代のオー...
  9. 9位 6月18日 11時30分
    ロート製薬、ボラギノールの製造元・...
  10. 10位 6月14日 10時30分
    ポーラ化成工業、顔の上半分と下半分...
  1. 1位 6月14日 10時30分
    ポーラ化成工業、顔の上半分と下半分...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  4. 4位 6月14日 15時05分
    コーセー、新型コロナウイルスワクチ...
  5. 5位 6月14日 15時00分
    ファーマフーズ、ニューモ育毛剤の海...
  6. 6位 6月14日 11時00分
    クレンジングバームDUO、累計出荷...
  7. 7位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  8. 8位 6月14日 16時00分
    オルビス、スタイリングのストレスを...
  9. 9位 6月14日 10時00分
    ナリス化粧品、ふきとり化粧水国内販...
  10. 10位 6月11日 10時30分
    ポーラ、コロナ前後で肌変化を比較 ...
  1. 1位 5月24日 14時00分
    資生堂、革新的なクレンジングウォー...
  2. 2位 5月26日 15時00分
    コーセー、第21回SCCJ優秀論文...
  3. 3位 5月25日 10時30分
    コーセー、驚きのさらさら感が特徴の...
  4. 4位 5月25日 10時00分
    資生堂、日本初の多機能技術を搭載し...
  5. 5位 5月19日 13時30分
    牛乳石鹼、無添加シリーズから待望の...
  6. 6位 6月14日 10時30分
    ポーラ化成工業、顔の上半分と下半分...
  7. 7位 5月31日 13時00分
    アンチエイジング 牛島社長、ヒト幹...
  8. 8位 5月26日 13時30分
    資生堂グループ、人事異動(2021...
  9. 9位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  10. 10位 6月3日 12時30分
    ポーラ、みずみずしく生命感溢れるツ...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ