資生堂、敏感肌では皮膚常在菌叢の多様性が低いことを発見

粧業日報 2020年9月2日号 4ページ

2020年8月19日 13時45分

Shiseido20200819 1

 資生堂は、顔の皮膚の常在細菌叢を網羅的に解析し、健常な日本人女性の肌において、表皮ブドウ球菌の割合が高いほど肌の水分量は高く、肌の赤みは低いという相関を見出した。

 また、敏感肌における菌叢の解析を行ったところ、敏感肌では、非敏感肌に比べて有意に菌叢の多様性が低く、表皮ブドウ球菌も少ないことを確認した。

 さらに、新たに開発したプレバイオティクス成分を含む基剤を連用した結果、全ての肌において水分量が改善し、特に、菌叢の多様性が低い肌においてキメの改善が確認できた。

 今後は、肌を皮膚細胞と共に常在する微生物を含めた生態系(エコシステム)としてとらえ直すことにより、新しいスキンケアソリューションの実現を目指し、今回の研究成果で得られた知見は今後スキンケア製品へ応用していく。

 資生堂では、約25年前から、アトピー性皮膚炎の増悪因子の1つである黄色ブドウ球菌と健常肌に常在する表皮ブドウ球菌とのバランスに着目した技術開発を行うなど、健康な肌状態の維持と皮膚常在菌との関係に着目してきた。

 近年、技術革新により可能になったマイクロバイオーム(菌叢)解析の手法を用い、同社では、安定して解析結果が得られる方法を確立し、健常肌における皮膚常在菌を解析するとともに、皮膚の細胞と皮膚常在菌が相互作用しながら共存する皮膚のエコシステムを明らかにすることで、新たなスキンケアのソリューションの開発を進めている。

 研究では、20歳代~30歳代の健常肌の被験者41名の頬から皮膚常在菌を採取後DNAを抽出し、次世代シークエンサーを用いた16S配列解析法により、皮膚常在菌叢の解析を行った。各試料中の菌の相対存在比率と各種皮膚生理指標との相関性を解析した結果、表皮ブドウ球菌の存在比率が高いほど、肌水分量も高いことがわかった。

 次に、皮膚常在菌叢と肌の赤みについて20歳代~40歳代前半の健常肌の被験者36名の額について皮膚常在菌叢の解析を行った結果、各試料中で表皮ブドウ球菌の存在比率が高いほど、赤みが低いことがわかった。

 健常肌の中から、乳酸による刺激に対する感受性を指標に選ばれた敏感肌、非敏感肌の被験者各22名について、上記と同様な方法で頬の皮膚常在菌叢の解析を行った。菌叢の多様性評価に用いられるシャノン多様度指数では、敏感肌は非敏感肌と比較して有意に菌叢の多様性が低く、さらに一般的に検出される皮膚常在菌であるアクネ菌に対して、表皮ブドウ球菌の割合も低いことがわかった。

 続いて、試験管内培養系において、表皮ブドウ球菌の増殖を促進し、かつ黄色ブドウ球菌の増殖には影響しないようなプレバイオティクス成分を探索し、サッカロミセス抽出エキスを含む有効な組成物を見出した。

 効果の確認されたプレバイオティクス成分を基剤に配合し、27名の被験者に連用テストを行い、肌生理指標の測定を行うとともに、額や頬から皮膚常在菌を採取し、同様な方法で菌叢の解析を行った。その結果、全ての肌において水分量が改善し、連用開始時に菌叢の多様性が低かった肌で特に、キメが改善されることがわかった。また、表皮ブドウ球菌を含む病原性のないブドウ球菌属の菌数は連用により増加することがわかった。

 以上の結果より、皮膚の細胞と皮膚常在菌が相互作用しながら共存する皮膚のエコシステムをより深く理解し、解明していくことは、肌をより良い状態に保つための新たなスキンケアのソリューションの実現につながると考えられ、今回の研究成果で得られた皮膚常在菌に関する知見は今後のスキンケア製品へ応用していく。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 4月14日 11時30分
    ポーラ、幸せ研究所を創設し「永続的...
  2. 2位 4月14日 10時00分
    資生堂グループ、人事異動(2021...
  3. 3位 4月14日 11時30分
    コーセー 小林社長、将来・未来を見...
  4. 4位 4月13日 10時00分
    花王、美容カウンセリング会社を一社化
  5. 5位 4月14日 12時30分
    資生堂 魚谷社長、キャリアを自ら形...
  6. 6位 4月14日 11時00分
    メナード、品種改良米に肌バリア機能...
  7. 7位 4月14日 11時00分
    ポーラ・オルビスHD 鈴木社長、個...
  8. 8位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  9. 9位 4月14日 10時30分
    ゲラン、旗艦店「ラ ブティック ゲ...
  10. 10位 4月14日 13時00分
    花王 長谷部社長、生命に寄り添える...
  1. 1位 4月8日 12時30分
    資生堂、世界初 ノネナールが肌ダメ...
  2. 2位 4月8日 11時00分
    ノエビア、つややかなハリ肌へ導く「...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 4月9日 10時30分
    ロクシタンジャポン、天野総太郎氏が...
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 4月6日 13時30分
    資生堂、デジタル疲労が肌に与える影...
  7. 7位 4月8日 10時00分
    コーセー、サンカットからフレグラン...
  8. 8位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  9. 9位 4月8日 11時30分
    花王、東京理科大に未来共創プロジェ...
  10. 10位 4月8日 12時00分
    資生堂、ザ・ギンザのスキンケアを刷新
  1. 1位 4月8日 12時30分
    資生堂、世界初 ノネナールが肌ダメ...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  4. 4位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  5. 5位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  8. 8位 4月8日 11時00分
    ノエビア、つややかなハリ肌へ導く「...
  9. 9位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  10. 10位 5月5日 12時00分
    アルビオン、長年使い続けたくなる化...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ