ライオン、コロナ禍の働き方が「睡眠の質」に及ぼす影響を調査

粧業日報 2020年9月14日号 3ページ

2020年9月14日 11時00分

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%b31 %e7%9d%a1%e7%9c%a0%e3%81%ae%e5%a4%89%e5%8c%96

 ライオンは、6月19日~26日にかけて、20~69歳の就業者2671名(男性:79.1%、女性:20.9%)を対象に、新型コロナウイルス感染症予防に伴う働き方の変化が「睡眠の質」に及ぼす影響についてアンケート調査を実施した。

 その結果、新型コロナウイルスの流行前に比べて「睡眠の質」が変化しており、特に、「リモートワークをしている」「新型コロナウイルスに対して不安を感じている」「仕事量が変化している」場合で「睡眠の質」が低くなると回答する人が増える傾向にあった。

 調査研究の結果の一部は、第27回日本時間生物学会学術大会(9月26日~27日、オンライン開催)にて発表する。

 同社は、QOL向上の観点から「睡眠の質」について研究を進めており、その成果の1つとして「清酒酵母 GSP6」の摂取が睡眠中の脳波におけるデルタ波パワー値を増加させ、起床時の眠気を改善し、「睡眠の質」が向上することを明らかにしている。

 現在は、就業者における「睡眠の質」が日中の業務効率に及ぼす影響などの研究を行っている。

 昨今、新型コロナウイルスの感染が長期化する中で、健やかな睡眠をとることは、休養に必須であるだけでなく、免疫機能の増強にも関連しているとされ、関心が高まっている。

 そこで今回、就業者の睡眠に関する研究の一環として、新型コロナウイルス感染症対策がもたらした働き方や意識の変化、心身への影響について、新型コロナウイルス流行前(2020年1月頃)と2020年6月とを比較したアンケート調査を実施した。

 新型コロナウイルス感染症の流行前後での「睡眠」の変化について尋ねた結果、「眠りの深さ」で「浅くなった」と回答した人の割合が「深くなった」と回答した人の割合より多く、「寝起きの熟眠感」で「悪くなった」と回答した人の割合が「良くなった」と回答した人の割合より多い結果となった。

 眠りの浅さや熟眠感の悪さは「睡眠の質」と深く関連するため、新型コロナウイルス感染症の流行に伴って、一部で睡眠の質が低下していることが示唆された。

 次に、働き方などの変化として、「リモートワーク実施の有無」「新型コロナウイルスへの不安」「仕事量の変化」が、「睡眠の質(眠りの深さ、寝起きの熟眠感)」にもたらす影響を調べた。

 リモートワークの実施者(約3割)と実施していない人の睡眠の質を比較した。「リモートワークあり」では、「眠りの深さ」「寝起きの熟眠感」ともに、「リモートワークなし」よりも睡眠の質が改善した人・悪化した人ともに割合が多く、睡眠への影響が大きい結果となった。

 しかし、その傾向をみると悪化した人の割合のほうが大きく、睡眠の質は低下する傾向があると考えられる。

 新型コロナウイルスに対して「不安あり」と回答した人(7割)と不安なしと回答した人の睡眠の質を比較した。「不安あり」では、「眠りの深さ」「寝起きの熟眠感」ともに、不安なしよりも睡眠の質が低下する傾向が見られた。

 新型コロナウイルス流行前後で、「仕事量が減った人」(4割)、「変化がなかった人」(5割)、「増えた人」(1割)に層別し、睡眠の質を比較した。

 仕事量が変化した人は量の増減にかかわらず、「眠りの深さ」「寝起きの熟眠感」ともに、「仕事量に変化なし」の人よりも睡眠の質が低下する傾向が見られた。

 同社では今回の調査結果を受け、「就業者にとって1日の大半を占める働き方などの変化が、気持ちのあり方や生活のリズムにも影響を及ぼし、『睡眠の質』を低下させていると考える。睡眠の実態を客観的に『見える化』し、個人が自分自身の状態を正しく把握した上で適切な対応をすることが、今後の健康づくりにおいて重要だ。睡眠を全身の健康にかかわる重要な生活基盤と捉え、引き続き、良質な睡眠習慣の普及に向けた研究を続けていく」とコメントしている。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 11月30日 10時30分
    コーセー、カールキープマジックの新...
  4. 4位 11月30日 10時30分
    花王、化学物質の全身毒性評価事例が...
  5. 5位 11月30日 11時00分
    花王、塗るだけでほうれい線を目立た...
  6. 6位 11月30日 16時00分
    ユースキン製薬、9月にブランドリニ...
  7. 7位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  8. 8位 11月30日 10時00分
    ポーラ・オルビスHD、社内ベンチャ...
  9. 9位 11月30日 13時00分
    ラパスジャパン、マイクロニードルパ...
  10. 10位 11月30日 11時30分
    2020年1~9月の化粧品輸入額、...
  1. 1位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 11月18日 10時00分
    Paypay、花王商品の購入で最大...
  4. 4位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  8. 8位 6月22日 13時00分
    耳にかけないマスクが販売開始、ヘア...
  9. 9位 5月26日 19時45分
    カネボウ化粧品、「ミラノコレクショ...
  10. 10位 10月28日 13時00分
    アルビオン、化粧液「フローラドリッ...
  1. 1位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  2. 2位 11月6日 10時30分
    ナリス化粧品、ネイル禁止でも使える...
  3. 3位 11月18日 10時00分
    Paypay、花王商品の購入で最大...
  4. 4位 11月9日 14時00分
    ポーラ、肌の潜在力高めるには「喫煙...
  5. 5位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  6. 6位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  7. 7位 11月10日 10時30分
    コーセー、マスクに色移りしない高化...
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  10. 10位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ