化粧品業界、新型コロナの影響で支援型消費が拡大/アイスタイル調査

訪販ジャーナル 2020年10月19日号 3ページ

2020年9月11日 10時15分

Cosme3 1

 アイスタイルは、8月7日~11日にかけて、15-59歳の@cosmeプロデュースメンバー女性1655名を対象に、コロナ禍における「応援・支援型消費」の化粧品分野における調査を実施した。その結果、回答者の半数以上が、今までに「応援・支援型消費の経験がある」と回答し、特にコロナ禍以降に増加している傾向がみられた。

 新型コロナウイルスは、化粧品業界にも大きな影響を与えており、経済産業省生産動態統計の2020年6月度の結果でも化粧品は昨年より出荷額が減少している。

 また、「新型コロナウイルスの感染拡大により、化粧品を購入する頻度に変化はあったか」を尋ねた質問に対しては、特にメークアップ化粧品において、「減った」「とても減った」という回答が半数を超え、50.6%となった。



 外出自粛やマスクの着用によりリップメークを控えたり、マスクによるメーク崩れを気にしてベースメークが薄くなる傾向にあることから、メークアップの方が顕著に結果にあらわれている。

 @cosmeプロデュースメンバーという比較的、美容意識の高い女性セグメントにおける結果でさえ、このような状況であることからも、化粧品業界もコロナの影響を強く受けており、厳しい状況であるといえる。

 コロナ禍で化粧品業界も厳しい状況に置かれている中で、人や商品・企業やお店など、「何か(誰か)を応援したい・支援したい」という気持ちで化粧品を購入することはあるか」という質問に対し、「ある」という回答が半数以上の50.8%となった。



 「応援・支援型の化粧品購入経験がある」と回答した人に対し、いつ、「何か(誰か)を応援したい・支援したい」という気持ちで化粧品を購入しましたかを尋ねたところ、「今年の1~3月」よりも「今年の4~5月」「今年の6~8月」と回答した人が多く、緊急事態宣言が発令された4月以降増加傾向にあることがわかった。

 これにより、新型コロナウイルスの影響で化粧品業界でも経済的打撃が顕在化したことで、応援・支援型の化粧品購入を行う人が増えていったことがわかる。

 緊急事態宣言後、最も応援・支援型化粧品購入を行ったのは「未婚・有職者」で、半数以上の55.3%が応援・支援型化粧品購入の経験があるという結果だった。



 応援・支援型化粧品購入経験者に対し、「応援・支援への考え・行動について、あてはまるもの」を尋ねたところ、「経済を回す、業界応援・支援のためにも化粧品を購入したい」という回答が、緊急事態宣言前は32.5%であるのに対し、緊急事態宣言後は57.9%であることがわかった。

 これは他の回答よりも緊急事態宣言前からのポイント伸長が大きく、応援・支援型の化粧品購入を行った人たちは、「経済を回す」意識が強いといえる。



 また、応援・支援型の化粧品購入を行った人たちに、直近でとった行動やその時の気持ちに近いワードを選んでもらったところ、緊急事態宣言前と後両方で「応援」というワードが最もポイントが高く、「助け合い」というワードが「支援」というワードを抑えて2番目に多い結果となった。

 さらに、応援・支援したいと思うもので、あてはまるものを選んでもらったところ、「好きな商品・ブランドが廃盤になる可能性がある」という回答が55.3%でトップを占めた。

 自分が好きなものに対する恩返しの気持ちとともに、「もしも愛用している、好きなブランドが廃盤になったら自分が困る」という気持ちが、応援・支援型化粧品購入につながっているといえる。



 今後、人や商品・企業やお店など、「何か(誰か)を応援したい・支援したい」という気持ちで化粧品を購入することが増えると思うかを尋ねたところ、「増えると思う」が半数近くの46.3%を占めた。

 また、その他の回答も「変わらないと思う」が52.7%を占め、「減ると思う」が1.0%にとどまっている。今後もこうした消費を行うことにポジティブな反応であることから、応援・支援型化粧品購入は続くものと思われる。


購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 9月25日 10時00分
    クラシエ、「ラメランス」新CMに竹...
  3. 3位 7月15日 12時00分
    マンダム、男性向けシワ改善クリームを発売
  4. 4位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  5. 5位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  6. 6位 8月5日 18時00分
    PayPay、花王商品の購入で最大...
  7. 7位 7月13日 09時45分
    資生堂、手荒れに配慮した処方の手指...
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  10. 10位 10月28日 13時00分
    アルビオン、化粧液「フローラドリッ...
  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 7月15日 12時00分
    マンダム、男性向けシワ改善クリームを発売
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  7. 7位 9月25日 10時00分
    クラシエ、「ラメランス」新CMに竹...
  8. 8位 10月28日 13時00分
    アルビオン、化粧液「フローラドリッ...
  9. 9位 9月24日 15時00分
    コーセー、コスメデコルテの中国売上...
  10. 10位 9月17日 16時00分
    ポーラ、70代以上の人の肌は最もう...
  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 9月14日 15時10分
    花王、スキンケア動作習慣が皮膚状態...
  3. 3位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  4. 4位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  5. 5位 9月11日 14時00分
    資生堂、太陽光強度のブルーライトが...
  6. 6位 9月17日 16時00分
    ポーラ、70代以上の人の肌は最もう...
  7. 7位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  8. 8位 8月31日 15時30分
    ライオン、2023年春に本社を台東...
  9. 9位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  10. 10位 7月10日 17時15分
    コロナ禍のメークアップ、使用しなく...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ