ナチュラル&オーガニック原料、オーガニックへの意識醸成でさらなる市場拡大へ

C&T 2020年9月15日号 39ページ

ナチュラル&オーガニック原料、オーガニックへの意識醸成でさらなる市場拡大へ
 矢野経済研究所の調査によると、2018年度の国内自然派・オーガニック化粧品市場は前年比4.9%増の1415億円となった。敏感肌を感じる女性の増加や、エシカル・サステナブルへの関心の高まりを背景に市場は拡大を続けている。

 また、ライフスタイル訴求にも適したオーガニックコスメは、異業種からの参入も多く市場拡大に寄与しているという。同調査によると、2019年度は5.8%増の1497億円になると推計されている。

 エイジングケア訴求や敏感肌向けなど、高機能製品が増加することで市場の幅が広がり、結果として一般化粧品から自然派・オーガニック化粧品への切り替えが進むと推察される。

あと73%

C&Tの有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > ナチュラル&オーガニック原料、オーガニックへの意識醸成でさらなる市場拡大へ

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop