大塚製薬、「インナーシグナル」で初の海外進出

粧業日報 2020年10月23日号 6ページ

大塚製薬、「インナーシグナル」で初の海外進出
 大塚製薬は、韓国の子会社「韓国大塚製薬」を通じて、スキンケアブランド「インナーシグナル」で2つの効能効果を取得し、10月15日より韓国での販売を開始した。同ブランドの海外における販売は初めてとなる。

 今回、韓国にてリジュブネイトエキス(美容液)を含む6品目で、「皮膚の美白に役立つ」「皮膚のしわ改善に役立つ」の2つの効能をもつ機能性化粧品として、韓国MFDS(食品医薬品安全処)より承認を取得した。

 なお、リジュブネイトエキスについては、「表皮ターンオーバーを改善することで、皮膚の美白に役立つ」という表現も認められた。

あと69%

続きを読むには無料会員登録が必要です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • 化粧品業界の優良記事を
    お届け
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 大塚製薬、「インナーシグナル」で初の海外進出

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop