セントラル・コーポレーション、生ヒト「臍帯血」幹細胞培養エキス配合の化粧品をわずか100個からOEM製造

週刊粧業 2021年1月1日号 77ページ

2021年1月7日 13時20分

Ss20210101 37 1

 セントラル・コーポレーション(本社=岡山市)は1980年の創業以来、在庫バルクの小分けではなく、ゼロからのオリジナルブレンドで「わずか100個から化粧品をつくる」小ロット製造のパイオニアとして知られる。

 独立を目指す起業家を支援し続けて今年で42年目を迎え、2011年にはこうした取り組みが評価され、日本文化振興会から社会文化功労賞が授与された。

 同社では小ロット製造による化粧品OEMと並行し、創業から一貫してエイジングケア化粧品研究にも取り組んでいる。笹山博史社長に、今展示会の見どころやポイントについて話を伺った。



19年20年とOEM受注件数が激増
「ヒト臍帯血幹細胞」の研究を推進

 ――今回の出展内容をお聞かせください。

 笹山 化粧品開発展では「必ず売れる」をキーワードに、差別化した化粧品をわずか100個からでもOEM製造できることを強くアピールしていく。

 ――「差別化した化粧品」とは、具体的にどのようなものでしょうか。

 笹山 有効成分を肌に塗ることにより保護・保湿を図るという「保護化粧品」の考え方は、もはや時代遅れになってしまった。

 積極的な細胞増殖を図っていく「細胞増殖化粧品」の時代が到来している。今現在、「幹細胞化粧品」の時代が間違いなく到来している。

 実際に2020年のOEM受注件数は、19年に比べて激増している。

 幹細胞化粧品は既にOEMの実績があり、EGF化粧品で月商100万円のあるクライアントが、当社が提案する「ヒト幹細胞」化粧品に切り替えたところ、月商が5倍の500万円に急伸した。

 当社のブースでは、新たに研究した「ヒト『臍帯血』幹細胞培養液」配合の化粧品OEMを提案する。

 ――幹細胞化粧品の最新トレンドをお聞かせください。

 笹山 今、最も注目すべきは、「生ヒト『臍帯血』幹細胞培養液」だろう。生ヒト「臍帯血」幹細胞培養液は、当社が42年積み重ねてきた研究開発の1つの到達点だといえる。

 ①ヒト由来である、②臍帯血由来である、③二次加工を行っていない――この3つが、注目される幹細胞素材の要素だと考えている。

 幹細胞化粧品素材にとって、ヒト由来か否かは、非常に重要なポイントだ。

 クモとヒトが結びつくことがないように、「ヒトのリガンド(鍵)」を持たない、「植物由来」の幹細胞が、「ヒトのレセプター(鍵穴)」と結びついて効果を発揮することは、細胞学の基礎知識からするとありえない。



GDF11発現量が60倍以上の
ヒト臍帯血幹細胞培養液に注目

 ――ヒト由来の中でも、「臍帯血由来」に注目が集まる理由は何でしょう。

 笹山 ヒト由来の幹細胞素材の中にも、脂肪由来、臍帯血由来、骨髄由来、歯髄由来など、さまざまな由来の違いがある。幹細胞化粧品が市場に多くあらわれる中、由来で差別化を図ることは重要だ。

 化粧品の原料として求められる機能が「ヒトの表皮を増やす」ことだということを考えると、最適なのは、当社が採用している「脂肪由来」と「臍帯血由来」だと考えられる。

 さらに、その中でも「臍帯血由来」に注目が集まるのは、有効成分の高含有が確認されているからだ。当社が扱う臍帯血幹細胞培養液は、実に89種類ものタンパク質で構成されている。

 原料メーカーの試験では、増殖成分である「GDF(Growth・Differentiation・Factor)11」の発現量が、脂肪幹細胞培養液よりも60倍以上多いことが確認されている。

 GDF11には、線維芽細胞やコラーゲン、エラスチンを増殖する働きがあるといわれており、今後さらに注目が高まりそうだ。

 ――2次加工を行っていないという点も、注目すべき要素として挙げています。

 笹山 せっかく活性成分を配合しても、活性にロスが出ては意味がない。当社が扱う幹細胞素材は、2次加工を行っておらず、いわば「生のヒト幹細胞」には、活性ロスの心配がないという言い方もできるだろう。

 ――「生ヒト『臍帯血』幹細胞培養液」であれば、十分な効果を見込めるのでしょうか。

 笹山 もう1つ大きなポイントがあり、最大のポイントともいえるが、それは幹細胞エキスの「配合濃度」だ。幹細胞エキスを1滴でも配合すれば、幹細胞化粧品とうたえてしまうのが現状だ。

 ただし、配合濃度が低ければ、効果など期待できるわけがない。幹細胞化粧品の取り扱いを考える上では、由来・濃度・2次加工の3つの側面から、しっかり吟味をする必要があるだろう。

 販売上の注意点としては、「完全オリジナルの幹細胞化粧品の発売元」になることが、何より重要だと考えている。当社では「完全独自処方」の幹細胞化粧品を「100個からでも」製造させていただいている。

 「100個から」ならば、成長する化粧品市場に、ほぼノーリスクで参入することが可能だ。成功への力強い1歩を、踏み出していただきたい。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 10月18日 11時00分
    アルビオン、RSPOサプライチェー...
  2. 2位 10月19日 10時00分
    コーセー、ファシオからハイブリッド...
  3. 3位 10月20日 11時30分
    コーセー、変化をとらえ「攻め」の対応へ
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  6. 6位 10月20日 11時00分
    ナリス化粧品、「赤い化粧水」でふき...
  7. 7位 10月19日 15時30分
    2021年 化粧品容器・パッケージ...
  8. 8位 10月19日 13時00分
    マツキヨココカラ&カンパニー、経営...
  9. 9位 10月20日 12時00分
    コロナ禍のリブランディング戦略、攻...
  10. 10位 10月20日 12時00分
    共同印刷、デジタルゴンドラをリリース
  1. 1位 10月15日 11時00分
    コーセー、未来のシワレベルを予測す...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 10月14日 11時00分
    日本製紙、エシカルスキンケアブラン...
  5. 5位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  6. 6位 10月18日 11時00分
    アルビオン、RSPOサプライチェー...
  7. 7位 10月13日 10時00分
    資生堂、企業ミッション実現に向け「...
  8. 8位 10月12日 14時00分
    花王、美容部員のブランドユニフォー...
  9. 9位 10月14日 10時00分
    バルクオム、ニューヨークに初進出
  10. 10位 10月13日 13時00分
    化粧品業界のDX推進、OMO実現で...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  4. 4位 5月5日 12時00分
    アルビオン、長年使い続けたくなる化...
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  7. 7位 9月29日 12時30分
    TBM、石灰石主原料のブロー成形ボ...
  8. 8位 8月16日 15時20分
    花王、エッセンシャル新シリーズ新製...
  9. 9位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  10. 10位 9月29日 10時00分
    花王、ルナソルの「紅茶パレット」がヒット

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ