中国⽇やけ⽌め市場レビュー、「アネッサ」が不動の1位

週刊粧業 2021年1月25日号 6ページ

2021年1月26日 12時00分

Ss20210125 10

 2020年、スキンケア商品の売上は全体的に増加を続けてきたが、その中でも特に注⽬すべきカテゴリーは2019年に⽐べ28%も売上を伸ばした「日やけ⽌め」である。

 中国の日やけ⽌め市場では⽇本、中国、韓国からの商品が約7割を占めており、とりわけ10代〜20代の⼥性の間では必須のスキンケアアイテムと認識されつつあるだけに今後の成⻑が期待されている。

 中国の日やけ⽌め市場における不動の1位は⽇本の日やけ⽌めブランド「アネッサ」である。最も売上を伸ばした同ブランドの「パーフェクト UV スキンケアミルク」は、消費者が求める強⼒なUVカット、ロングラスティング、保湿、肌のハリ、肌の再⽣、肌の鎮静、サンベースなどの効能をすべて盛り込んだ商品である。

 特に中国で「マスクをしても日やけ⽌めが必要な理由」「マスクをしてもメイク崩れしないコツ」などの実⽤な情報をもとにPR活動を開始し、好評を博した。

 ⼀⽅、Kビューティブランドでは2019年9位から2020年3位にランクアップしたRE:CIPE、去年急成⻑しTOP20に⼊ったSHANGPREE(13位)の他、AHC(15位)、Dr.G(16位)の成⻑も注⽬に値する。

2021年から新たな管理条例が施⾏

 2021年1⽉1⽇から新たな「化粧品監督管理条例」が施⾏された。

 新条例では「特殊化粧品」に分類された「日やけ⽌め」への管理が強化されることになった。グローバル日やけ⽌めブランドがこれから中国市場で注意すべき要素は何があるのだろうか。

輸⼊商品の機能表⽰は
科学的根拠が必要に

 中国市場でのSPF指数、PA指数、UVカット剤に関する規定は他国と異なるため、中国市場に進出したばかりの海外ブランドの商品の中には、規定に合わない表記がしばしば登場したが、今年からはそれらが認められなくなった。

 輸⼊化粧品の機能表⽰は中国の規定に沿った表記で明⽰しなければならない。

 「化粧品安全基準規範(2015年版)」によると、日やけ⽌めの場合、表⽰可能な上限値は「SPF50+」「PA++++」までとしている。

科学的根拠に基づいたUVカット効能
成分でPR

 ライブ配信でのビジネスが根付いた中国Eコマース市場では、虚偽広告、誇⼤広告の問題が後を絶たない。新条例でも商品の効能や成分についての科学的な根拠を明⽰することを求めており、日やけ⽌め商品への監督もさらに厳しくなっている。

 それによって日やけ⽌めの効能やUVカットの仕組み、SPFやPA指数の説明などを消費者にやさしく説明する投稿がSNSで増えつつある。

 低刺激性日やけ⽌めの売上は前年同期⽐8割近く増えており、去年第1四半期にも⽉平均8%の増加率を記録している市場であり、効能や成分を前⾯に出したPR活動は今年も続くと予想される。

売上の成⻑が期待される市場

 中国の日やけ⽌め市場は10代〜20代の若年層の⼥性がリードしており、化粧下地はもちろん、やや萎縮気味のベースメイク市場を代替する役割としての商品ポジショニングが明確なだけに、売上の成⻑が期待される。新たな管理条例の施⾏により日やけ⽌めはその表記やPR⽅法の変更を求められる。

 今年になって変わった国の基準およびそれによるPR⽅法にうまく適応した日やけ⽌めのみが2021年中国の春、夏シーズンの売上を牽引するのは間違いないだろう。

【メジャーチャイナ】(記事提供元)
中国EC・SNSのビッグデータを収集し、ビジネスインサイトを提供するデータ分析会社。
中国で取引される6800万個のコスメ商品の売り上げ/価格/効能/原料等の属性別トレンド分析データ、レポートを提供。Unilever,AMOREPACIFIC,Johnson&Johnson等のグローバルブランド、証券アナリスト等が本社のサービスを利用。 
URL: https://www.measurechina.ai/ja/
E-mail: contact@measurechina.ai

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 2月25日 15時00分
    コーセー、組織変更・人事異動(20...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 2月25日 15時10分
    コーセー、取締役(6月下旬予定)・...
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 2月25日 11時00分
    ケイズ、化粧品コンシェルジュとして...
  6. 6位 2月25日 12時00分
    東色ピグメント、開発体制と提案力の...
  7. 7位 2月25日 15時30分
    ジョイフル本田、エッセンシャルワー...
  8. 8位 2月25日 15時20分
    トワニー、フェムテック分野で女性に...
  9. 9位 2月25日 10時00分
    セントラル・コーポレーション、ネッ...
  10. 10位 2月25日 15時40分
    PPIH、新営業体制を構築し生産性向上へ
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 2月17日 11時30分
    資生堂、中高価格帯の化粧品事業へ投...
  4. 4位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 10月27日 12時00分
    プリシラ×C/L.T.L、価格訴求...
  7. 7位 2月22日 11時00分
    コージー本舗、指原莉乃プロデュース...
  8. 8位 2月22日 12時00分
    ポーラ・オルビスHD、トリコを完全...
  9. 9位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  10. 10位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 2月17日 11時30分
    資生堂、中高価格帯の化粧品事業へ投...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  5. 5位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 2月1日 10時00分
    資生堂、エリクシールから突発ニキビ...
  8. 8位 1月26日 14時00分
    資生堂、新ブランド「EFFECTI...
  9. 9位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...
  10. 10位 10月27日 12時00分
    プリシラ×C/L.T.L、価格訴求...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ