ピルボックスジャパン、日本のフェムテック市場でも牽引役に

週刊粧業 2021年3月29日号 13ページ

ピルボックスジャパン、日本のフェムテック市場でも牽引役に
 女性の性に関する話題がオープンに語られる風潮が世界的に強まり、日本でもフェムテック市場が盛り上がりを見せている。

 国内化粧品業界も注目株とあって参入製品が増えており、女性用デリケートゾーンケア市場は約25億円規模まで成長しているという。

 その注目市場で、ピルボックスジャパンが販売する米国№1の女性用デリケートゾーン専用ケアブランド「サマーズイブ」が、2016年に日本国内でも売上シェア1位となった。

あと77%

週刊粧業の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > ピルボックスジャパン、日本のフェムテック市場でも牽引役に

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop