矢野経済研究所、理美容向け業務用化粧品の市場規模を調査

粧業日報 2021年4月26日号 4ページ

カンタンに言うと

  • 2020年度の市場規模は、前年度比6.2%減の1389億円
矢野経済研究所、理美容向け業務用化粧品の市場規模を調査
 矢野経済研究所は、2021年1~3月にかけて、理美容化粧品メーカー、理美容化粧品商社・ディーラーその他、理美容関連協会・団体、理美容関連企業を対象に、国内の理美容向け業務用化粧品市場を調査し、2020年度の理美容向け業務用化粧品市場規模を、メーカー出荷金額ベースで前年度比6.2%減の1389億円と推計した。

 理美容向け業務用化粧品市場は、少子化による美容人口の減少で縮小傾向が続いてきた。

 2020年度は、年初から続く新型コロナウイルス感染拡大で、感染を懸念する消費者の来店を控える動きや来店頻度減少による客数減が市場の縮小に拍車をかけた。

あと73%

粧業日報の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 矢野経済研究所、理美容向け業務用化粧品の市場規模を調査

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop