都粧協、2021年通常総会を開催

粧業日報 2021年5月28日号 5ページ

都粧協、2021年通常総会を開催
 東京都化粧品装粧品小売協同組合(都粧協)は5月17日、中央区東日本橋の化粧品会館にて「2021年通常総会」を開催した。報道関係者や希望する組合員に対してはオンライン中継を行った。

 今回は、従来の総代会制から総会制に移行後初めて行われたもので、冒頭、清水利明専務理事が組合員の過半数の参加(249名中132名)と総会成立を報告した。



 続いて長尾正幸理事長が主催者を代表して挨拶し、「第1回目の総会はコロナ禍ということもあり、リアルとリモートで開催することになった。今後はより多くの組合員の参加を募り、活発な意見交換をしていきたい。コロナ禍の当初は、お店に行くのが怖いという声も少なくなかったが、日が経つに連れ自粛の孤独感から十分な感染対策を行っている専門店に、安全な中、笑顔で対応してもらえることにとても救われたという声を多々いただくようになった。これこそ化粧品専門店の存在意義ではないかと考える。化粧品専門店の全国組織である全粧協では、化粧品専門店の経営者のための知的情報・経営支援ポータルサイト『粧サポ』を立ち上げ、品薄で高騰していたアクリル板を安価な価格で会員に提供するなど、組合員の事業継続に貢献した。今後も全粧協と連携し、都粧協として組合員の皆さんに情報を提供し、少しでもお役に立てるよう努めていきたい」と述べた。

 今年度は役員改選期にあたり、長尾理事長をはじめとする三役留任が決定した。

 留任(三役)/長尾正幸理事長(千代田・中央)▽山本好文副理事長(板橋)▽大場浩市副理事長(江東)▽鈴木常生常務理事(新宿)▽鳥之海貴芳常務理事(足立)▽清水利明専務理事(練馬)

 新任/塩川晃平理事(大森)▽塚田幸一理事(葛飾)
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 都粧協、2021年通常総会を開催

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop