エフシー中央薬理研究所、3年後の工場新設を見据え、人材と設備への投資を積極化

週刊粧業 2021年8月30日号 10ページ

2021年8月31日 15時30分

Ss20210830 11

 エフシー中央薬理研究所(本社=静岡県藤枝市)では、新型コロナウイルス感染拡大の影響によりメークアップで苦戦を強いられたものの、クレンジングバームを中心にスキンケアが好調に推移し、前期(2021年6月期)の売上はほぼ前年並みで着地した。

 工場内の5S活動、改善活動を進め、生産性の向上を図るとともに、内製化を着実に進め、増益を確保している。

 東京営業所 企画部門 部門長の丸山友成氏は、前期を振り返り、「創業から36年、無農薬栽培の自然素材をベースにした基礎化粧品で支持を獲得してきたが、確かな技術と長年にわたる経験、ノウハウを活かし切れていないことが課題だった。しかしながら、コロナ禍の時間的余裕を有効活用し、研究担当が技術や経験の横展開を進め、営業担当が積極的な提案を仕掛けてくれたことで、新たな潮流である『おうち美容』ニーズを取り込むことに成功し、多くのお取引先でスキンケアの受注を増やすことができた」と語った。

 収益性向上に向けては、外注で行うことが多かった大ロットの受注を改めて精査し、現場から上がってくる改善提案を積極的に取り入れ、内製化に努めた。

 臨機応変に工場内の人員を移動させるなど創意工夫をすることで、大きな設備変更や人員の補充をせずとも、顧客の要望に応えられるフレキシブルな生産体制が構築できつつあるという。

 同社では、3年後の工場新設を見据え、人材(採用・教育)と設備への投資を積極化している。

 現在、開発や品質保証、生産管理、営業に至るまで余裕を持った人員構成にしていくべく、採用を積極化している。

 日々の業務に追われることなく、しっかりとした教育を提供できる土台づくりを進め、内部統制を図ることにより、取引先への提案にさらに磨きをかけ、売上拡大・収益性向上に結びつけていく考えだ。

 製造設備も最新鋭のものへと順次切り替えていく。将来的に工場の人員を増やすことは難しくなることが想定されており、人員を増やさずとも、生産性が上がる方向へと大きく転換していく。

 現在、最も重視しているのが、「組織的にPDCAを回す」ことであり、全社最適でPDCAを回していくことの習慣化を推し進めている。

 これを全社的に定着化できれば、「一人ひとりの感性が高まり、次から次へと新しい手が打てるようになる。答えを自分の枠外に求めることで、視野が格段に広がることを期待している」(丸山氏)という。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 11月29日 10時00分
    化粧品業界、アフターコロナを見据え...
  2. 2位 11月29日 10時00分
    シーオーメディカル、「湘南美容まつ...
  3. 3位 11月28日 11時00分
    資生堂、唇の角層成分を包括的に解析
  4. 4位 11月29日 12時00分
    2022年ドラッグストアの化粧品販売戦略
  5. 5位 11月28日 12時00分
    ポーラ、「美肌県グランプリ2022...
  6. 6位 11月29日 12時00分
    ロゼット、東洋思想から着想を得たス...
  7. 7位 11月29日 11時00分
    ライフスタイルカンパニー、自社コス...
  8. 8位 11月29日 14時00分
    伊勢半、マスクに付きにくいティント...
  9. 9位 11月29日 11時00分
    マツキヨココカラ、美容感度の高い顧...
  10. 10位 11月28日 13時00分
    ライオン、オーラルケアメディアセミ...
  1. 1位 4月6日 13時00分
    テスティー、15~24歳女性を対象...
  2. 2位 11月23日 14時00分
    花王、「鬼滅の刃」とのコラボで需要喚起
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 11月21日 14時00分
    ライオン、手肌のうるおいを保つ薬用...
  5. 5位 11月24日 11時00分
    コーセー、役員人事(2023年1月...
  6. 6位 11月24日 13時00分
    花王、レジリエントな新しい生産シス...
  7. 7位 11月25日 10時00分
    アルビオン、組織変更(2023年1...
  8. 8位 11月24日 10時00分
    コーセー化粧品販売、組織変更・人事...
  9. 9位 11月23日 12時00分
    小林製薬、さぼったリングの企画品を...
  10. 10位 11月25日 11時00分
    コーセー、2022年12月期第3四...
  1. 1位 4月6日 13時00分
    テスティー、15~24歳女性を対象...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 11月4日 11時00分
    資生堂、世界初のサステナブルな化粧...
  4. 4位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  5. 5位 11月1日 16時00分
    ライオン、下期は「Lighteeハ...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  10. 10位 10月31日 12時00分
    資生堂、触感を司る細胞が香り成分で...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ