ビタミンC60バイオリサーチ、植物由来フラーレンの新規採用が好調

C&T 2021年9月15日号 45ページ

2021年9月27日 10時30分

Ct20210915 21 1

 ビタミンC60バイオリサーチでは、2020年4月に世界初の植物由来フラーレン配合化粧品原料として、100%植物由来のエイジングケア原料「リポフラーレンN」(自然由来指数1:ISO16128に基づく)を発売した。

 それから半年後の同年10月には、フラーレン化粧品原料で売上№1の水溶性フラーレン「ラジカルスポンジ」をはじめ、メーク製品に最適なパウダー状の「ヴェールフラーレン」、サンケア専用の「サンガードフラーレン」、ヘアケア専用の「ヘアシャイニーフラーレン」に配合するフラーレンを植物由来に切り替え、リニューアル発売した。

 そして今年2月、浸透型リポソームの「モイストフラーレン」を100%植物由来の「モイストフラーレンN」(同)へとリニューアルし、同社が展開するフラーレン化粧品原料全てが植物由来フラーレンへと切り替わった。

 「植物由来フラーレン原料の登場で、昨年は新規採用件数が例年の倍以上となるなど、概ね好調に推移した。今上期は、さらに受注ペースが増加傾向にあり、国内のみならず中国やインドネシアなどアジアへの輸出も順調に推移している。特に、100%植物由来のリポフラーレンNとモイストフラーレンNに加え、フラーレンとシリカで構成される100%自然由来のヴェールフラーレンNはナチュラル志向にも受け入れられ、植物由来フラーレンはSDGsにも対応できる原料となり引き合いが高まっている」(林源太郎社長)

 今年5月のCITE JAPANでは、県立広島大学・齋藤靖和教授との共同研究により、「フラーレン単体でのヒアルロン酸産生促進」「フラーレンとレチノールの併用によるヒアルロン酸産生促進」といった最新の研究成果(特許申請中)を発表した。

 正常ヒト皮膚角化細胞にフラーレンを添加して培養したところ、無添加のコントロールと比較してヒアルロン酸の合成量がラジカルスポンジ単独で約1.5倍、モイストフラーレン単独で約1.7~3倍となった(図1)



 また、レチノールとの併用については、ヒアルロン酸の合成量がレチノール単独で約2.6倍となるのに対し、ラジカルスポンジとの併用では約3.1倍、モイストフラーレンとの併用では約7~10倍となることが確認された(図2)

 「モイストフラーレンは、レチノールを内包化させることでラジカルスポンジよりも高いヒアルロン酸の産生促進作用が示され、リポソーム化によってレチノールの安定性にも寄与している。抗シワ原料として人気の高いレチノールとフラーレンを組み合わせることで、盛り上がりをみせるシワ市場において有効な化粧品の開発が期待できる」(林社長)

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  2. 2位 5月25日 15時00分
    プレミアアンチエイジング、洗顔バー...
  3. 3位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  4. 4位 5月24日 16時00分
    プライムアーク、生分解性バイオマス...
  5. 5位 5月25日 15時00分
    資生堂、ヒアルロン酸の体積をコント...
  6. 6位 5月25日 14時00分
    メディパルHD、物流の収益化に向け...
  7. 7位 5月25日 10時00分
    パーソナルケア原料の市場規模、20...
  8. 8位 5月25日 14時00分
    アデランス、ミノキシジルを配合した...
  9. 9位 5月25日 11時00分
    ラオックス、子会社シャディに2つの...
  10. 10位 5月25日 10時00分
    セティ、天然由来ペプチド「ぺプチリ...
  1. 1位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  2. 2位 5月17日 10時00分
    アルビオン スキコンを超える新スキ...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 5月18日 13時00分
    マツキヨココカラ、マツモトキヨシ香...
  5. 5位 5月19日 11時00分
    サンドラッグ、積極的な店舗数拡大と...
  6. 6位 5月19日 12時00分
    資生堂、2022年12月期第1四半...
  7. 7位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  8. 8位 5月20日 13時00分
    あらた、HBC、ペットを戦略的に強化
  9. 9位 5月20日 12時00分
    コーセー、2022年12月期第1四...
  10. 10位 5月17日 13時00分
    ライオン、2022年12月期第1四...
  1. 1位 5月2日 10時00分
    カネボウ、累計270万本のKATE...
  2. 2位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  5. 5位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 5月17日 13時00分
    ライオン、2022年12月期第1四...
  8. 8位 5月2日 16時00分
    メナード、肌に色ムラが生じるメカニ...
  9. 9位 5月10日 10時00分
    大日本印刷、紙仕様のラミネートチュ...
  10. 10位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ