阪本薬品工業、全成分植物由来の抗菌製剤が好調

C&T 2021年9月15日号 42ページ

2021年9月27日 11時30分

Ct20210915 23 1 1

 天然グリセリンの専業メーカーとして知られる阪本薬品工業では、ヤシ油やパーム油から製造され、人体や環境にやさしいサステナブルな原料として食品や医薬品など幅広い産業で用いられる安全性の高いグリセリンを出発原料とし、化粧品の保湿剤となる「ジグリセリン」「ポリグリセリン」をはじめ、乳化・可溶化・分散の各機能に特化した原料としてスキンケアからメークアップ、洗浄剤など幅広い分野で活用されている「ポリグリセリン脂肪酸エステル」など、多彩な機能性原料を展開している。

 同社では、COSMOS・RSPO・コーシャ・ハラール・REACHなど各種認証・規制に対応した製品ラインナップの拡充に注力しており、国内のみならずナチュラル・オーガニックの需要が高まっている海外での採用も増えてきているという。

 ナチュラル・オーガニックをテーマとした原料の中でも、幅広い菌に対して抗菌作用を持つ全成分植物由来の化粧品用抗菌製剤「SYプランテックスKNP」への引き合いが依然として多く、販売実績は年々伸長しているという。

 SYプランテックスKNPは、キク科カワラヨモギの頭花より抽出・高度精製して得られたエキスに、フトモモ科チョウジのつぼみより抽出・脱臭・精製して得られたエキスと、食品添加物グリセリン脂肪酸エステルを最適なバランスで配合したもので、その他の配合原料は水と植物由来のブチレングリコール(BG)で構成している。

 SYプランテックスKNPに配合しているカワラヨモギエキスは、カワラヨモギの頭花よりエタノール溶液で抽出して得られたエキスを独自の方法により高度に精製したもので、色や臭いの成分を大幅に取り除き、抗菌成分であるカピリン(Capillin)の濃度を高めることで、化粧品に配合した際の色や臭いの影響を最小限にした(図)

 また、SYプランテックスKNPに配合しているチョウジエキスは、チョウジよりエタノール溶液で抽出して得られたエキスを精製したもので、抗菌主成分のオイゲニイン(Eugeniin)などのポリフェノール成分を多く含み、オイゲノールなどの臭気成分と非水溶性成分を取り除いている。

 「抗菌作用を持つ有効成分の特定により、季節などによって有効成分に差が生じてしまう植物エキス特有の要因を排除することが可能だ。このようなロットごとによるブレをなくす当社の生産・品質管理体制が、お客様から高く評価されている」(同社)

 原料の調達に関しては、国内8カ所の農家とSYプランテックスKNPの主成分であるカワラヨモギの栽培契約を締結し、トレーサビリティの確保とともに、SDGsや地域農業への貢献に取り組んでいる。

 「生薬としても利用されるカワラヨモギは、種まきから収穫まで1年と長期にわたり、その畑では他の作物を栽培できず、非常に手間暇がかかる。しかし、日本では水害をはじめ毎年のように自然災害に見舞われ、栽培したものが駄目になってしまうリスクが高い。そのため、当社では契約農家の方々が安心して安定した収入が得られるよう最低買取補償制度を導入し、持続的な原料栽培・調達の仕組みを構築した。今後は契約農家を増やすというよりも、既存の取引先で徐々に生産量を増やしていく」(同社)



 主力製品のグリセリンに関しては、植物由来のグリセリンを起点にポリグリセリンとポリグリセリン脂肪酸エステルを製造し、化粧品原料として業界に提供することでサステナブル化粧品処方の開発に貢献することを目指している(図)

 その中でも特に、高保湿を達成しながらもべたつきを抑え、使用感に優れた処方開発が可能な保湿剤「ポリグリセリン(PGL-S、ポリグリセリン-3)/ジグリセリン(ジグリセリン801)」への引き合いが高まっているという。

 PGL-Sとジグリセリン801の2原料は、高保湿性やべたつき抑制といった点で共通するが、使用感においては異なる特長を有する。

 PGL-Sとジグリセリン801をそれぞれ7%配合したモイスチャーゲルで使用感を官能評価した結果、PGL-Sは伸び、なめらかさ、エモリエント感の3項目が、ジグリセリン801はなじみ、べたつきのなさ、肌の柔らかさの3項目が高く評価された。

 この結果を踏まえ、PGL-Sでは濃厚かつべたつかないクリームの調製が、ジグリセリン801ではさっぱりとしたべたつかない化粧水の調製が可能だという。

 「研究所内に今年設立したアプリケーションラボでは使用感の評価だけでなく、新たな処方開発の提案なども行い、好評を得ている。天然グリセリンの専業メーカーとして、今後もグリセリンの基礎研究に注力し、様々なメカニズムの解明に取り組んでいきたい」(同社)

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 10月15日 11時00分
    コーセー、未来のシワレベルを予測す...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 9月20日 17時17分
    化粧品製造機器の最新トレンド、「効...
  5. 5位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  6. 6位 10月15日 12時00分
    NCC、第29回オンライン全体会議を開催
  7. 7位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  8. 8位 10月12日 14時00分
    花王、美容部員のブランドユニフォー...
  9. 9位 10月14日 11時00分
    日本製紙、エシカルスキンケアブラン...
  10. 10位 10月13日 10時00分
    資生堂、企業ミッション実現に向け「...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  4. 4位 10月12日 14時00分
    花王、美容部員のブランドユニフォー...
  5. 5位 10月12日 11時00分
    資生堂、再生ポリエステル素材を使用...
  6. 6位 10月13日 10時00分
    資生堂、企業ミッション実現に向け「...
  7. 7位 10月15日 11時00分
    コーセー、未来のシワレベルを予測す...
  8. 8位 10月11日 12時00分
    肌代謝に着目した角質美容水「タカミ...
  9. 9位 10月12日 11時00分
    コーセー、DX推進でブランド価値を...
  10. 10位 10月12日 10時00分
    資生堂、人事異動(2021年11月...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  4. 4位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  5. 5位 5月5日 12時00分
    アルビオン、長年使い続けたくなる化...
  6. 6位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  7. 7位 8月16日 15時20分
    花王、エッセンシャル新シリーズ新製...
  8. 8位 9月29日 12時30分
    TBM、石灰石主原料のブロー成形ボ...
  9. 9位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  10. 10位 9月29日 10時00分
    花王、ルナソルの「紅茶パレット」がヒット

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ