メナード、肌の色ムラの状態を点数化する技術を開発

訪販ジャーナル 2021年10月4日号 3ページ

カンタンに言うと

  • 肌の赤色のムラはシワ以上に美肌印象に影響
メナード、肌の色ムラの状態を点数化する技術を開発
 日本メナード化粧品は、肌の美しさを感じさせる要因について、10代~80代の一般女性921人にアンケート調査(調査期間:2020年7月13日~20日)を実施し、約60%の女性が「シワが少ない肌よりも、赤色のムラが少ない肌の方が美しい」と感じることを突き止め、美肌印象に肌の色ムラが大きく影響することを明らかにした。

 さらに、この結果をもとに、同社では肌の画像から色ムラを点数化する評価技術を開発した。

あと81%

続きを読むには無料会員登録が必要です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • 化粧品業界の優良記事を
    お届け
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > メナード、肌の色ムラの状態を点数化する技術を開発

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop