平和化学工業所、環境軸の選択肢を広げる新工場稼働へ

C&T 2021年9月15日号 22ページ

平和化学工業所、環境軸の選択肢を広げる新工場稼働へ
 容器メーカーの平和化学工業所は、「バイオマス」「生分解」「リサイクル」の3つのアプローチから環境に配慮したプラスチック容器の研究開発・製造を進めている。

 2022年春には、試験的に環境対応容器を専門に製造する新工場(東京・江戸川区)の稼働を予定している。

あと91%

C&Tの有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 平和化学工業所、環境軸の選択肢を広げる新工場稼働へ

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop