ホシケミカルズ、環境に配慮した化粧品づくりを多方面から支援

C&T 2021年9月15日号 14ページ

2021年9月30日 10時00分

Ct20210915 48 1

 化粧品原料商社として1975年に創業し、OEMや容器製造なども手がけるホシケミカルズでは、化粧品製造の全てをワンストップで網羅するモノづくり企業としての強みを活かし、環境配慮をテーマとした化粧品づくりにおいて企画開発・製造から、容器・パッケージや原料の選定に至るまで多方面からサポートしている。

 事業の柱とするOEMでは、環境に配慮した化粧品を提供するモノづくり企業の責務として、創業当初より自社工場(群馬・埼玉)で8つのS(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ・SAFETY・SAVE・SMILE)を徹底している。

 安全にルールを守りながら無駄なく製品をつくることでバルクの廃棄量が抑えられ、結果として原料や資材、作業時間など生産面のあらゆるロスの抑制につながっているという。

 群馬工場では、2012年に温室効果ガス排出削減の実現に向けた群馬県独自の環境マネジメントシステム「環境GS(ぐんまスタンダード)」の認定を受けてから、今年で10年目を迎える。社内のLED化やペーパーレス化、遮断シートの設置などを推進し、生産時における電力消費量の抑制に努めてきた。

 製造部門ではこのほか、地球温暖化を引き起こす温室効果ガスの一種であるフロン類の使用や管理に関する法律が2019年12月に施行されたことを受け、フロン排出抑制法に基づく「第一種フロン類充填回収業者」と連携し、フロンガスの排出抑制も進めている。

 「OEMの傾向としてはこの1年で、ブランドやカテゴリーのジャンルを問わず、クリーンビューティやサステナブルが価格と同様、モノづくりにおいて外せない価値観の1つとして定着してきている。こうした流れを受けて、製造現場や処方開発においても環境配慮が求められており、それに対する企業姿勢が選ばれるOEMの1つのグローバル基準になる」(企画開発室広報 平地祥子氏)



 容器に関しては、国内外の容器メーカーとのネットワークを活用し、森林環境保護の観点から注目の高まるFSC認証紙を採用し、プラスチックの使用量を約50%削減したチューブ容器をはじめ、詰め替え用パウチ、植物性・生分解性プラスチック、バイオマス、陶器、リサイクルガラスなど幅広いプラスチック代替容器の中から、バルクとの相性やコスト面などクライアントのニーズに合致した最適な容器を提案している。

 このほか、現地企業と合弁で設立したインドネシア工場においては、生分解性プラスチックをはじめとする環境に配慮した特殊樹脂を用いたメーク容器の開発を進めている。

 パッケージに関しては、包装箱の過剰包装を見直し、シュリンク包装からバージンシールへとシフトするなど、OEM製品のプラスチック使用量削減に取り組んでいる。

 「幅広いクライアントのニーズに対応するためにも、やはり様々な選択肢を持つことが重要だ。今後は国内だけでなく、海外の容器メーカーとの関係性を強化していき、機能性や意匠性の高い環境に配慮した容器・パッケージのラインナップを拡充していきたい」(平地氏)



 原料に関しては、クリーンビューティやSDGsなど最新のトレンドに対応した原料から汎用性の高いベース原料まで、商社として国内外から安全で良質な化粧品原料の調達を行っている。また、原料の選択や組み合わせが化粧品の製造において重要なポジションを占めるため、新たな原料情報の収集や処方研究、品質検査などの管理業務に注力している。

 「SDGsやクリーンビューティーへの対応は、何から手をつければいいのか難しいと感じるクライアントも少なくない。そうした中で、製品開発で取り入れやすいのが環境に配慮したサステナブルな原料で、着実に採用実績を積み重ねてきている。具体的には、トレーサビリティが徹底され、女性支援(原産地の働き手への配慮)にもつながる仕組みが確立されている『アルガンオイル』への引き合いが高まっている。このほか、農業廃棄物を有効活用したアップサイクル視点の『植物由来の保湿剤』や、海洋汚染で問題となっているマイクロプラスチックに分類される化粧品原料の代替品として、環境に優しい『植物性スクラブ』や『生分解性グリッター』などの原料も提案を強化していきたい」(平地氏)

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  2. 2位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  3. 3位 12月3日 13時00分
    ジェイフロンティア、パーソナルコス...
  4. 4位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  5. 5位 12月3日 14時00分
    アルビオン、感性と効能を両立した化...
  6. 6位 12月3日 10時00分
    2021年 卸流通化粧品、ニーズ変...
  7. 7位 12月3日 10時00分
    アルビオン、組織変更・人事異動(2...
  8. 8位 12月3日 11時00分
    アルビオン、企業版ふるさと納税を通...
  9. 9位 12月3日 12時00分
    コーセーコスメトロジー研究財団、第...
  10. 10位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  1. 1位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  2. 2位 11月15日 12時00分
    PALTAC、急速な環境変化に対応...
  3. 3位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  4. 4位 6月19日 18時00分
    ロート製薬、幹細胞のエクソソーム分...
  5. 5位 11月26日 13時00分
    マツキヨココカラ第2四半期、旧マツ...
  6. 6位 11月25日 11時00分
    資生堂、執行役員制度を廃止
  7. 7位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  8. 8位 11月29日 10時00分
    オルビス、ブランド初の移動型体験店...
  9. 9位 11月26日 12時00分
    ライオン、新宿駅に「キレイの投票所...
  10. 10位 11月29日 10時00分
    ハーバー研究所 宮崎一成社長、現状...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  2. 2位 11月10日 10時00分
    アルビオン、店頭容器回収システムの...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  5. 5位 11月5日 14時00分
    アルビオン、とろけるような肌感触の...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 11月15日 12時00分
    PALTAC、急速な環境変化に対応...
  8. 8位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  9. 9位 11月11日 10時00分
    資生堂グループ、人事異動(2021...
  10. 10位 10月28日 10時00分
    アルビオン、研究・生産体制の強化で...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ