資生堂、男性の目尻のシワは女性より早く形成されることを発見

粧業日報 2021年11月19日号 3ページ

2021年11月19日 13時00分

3250 h0z28 322

 資生堂は、レプリカ法を用いた3次元シワ解析と独自開発した統計解析を活用し、男性の目尻のシワは女性よりも10年以上早く形成されることを初めて発見した。

 同社は、長年にわたり顧客の年代・性別ごとの皮膚生理や嗜好性について研究を行い、これまでにも男女の皮膚生理における様々な違いを明らかにしてきた。

 例えば、20代・30代男女を対象に実施した調査では、肌の水分量には男女間で大きな差が見られない一方で、男性は女性と比較して抗酸化力が低く、微弱な炎症の指数が高いといった特徴があることがわかっている。

 こうした皮膚生理の違いに、男性はスキンケア・サンケア意識が女性よりも低い傾向にあることなど、生活習慣の違いも加わり、結果的に男性は女性よりも老化や肌トラブルを引き起こしやすくなっていることが示唆される。

 研究では、特に真皮の状態の違いに着目。その違いがどのような形で肌の加齢変化の差として表れるのかを確認し、肌のハリや弾力をもたらす真皮のコラーゲンを分解する酵素である「MMP9」の量が男性は女性よりも多いことを発見した。

 MMP9は、肌がダメージを受けることで増加することがわかっており、男性が女性よりも微弱な炎症の指数が高いこととの関連性が示唆される。また、20~60代男女を対象に、頬の深部(主に真皮)における肌の弾力・ハリの指標を調査した結果、全年代において男性の方が値が低く、特に20~40代において顕著に差があることが明らかになった。

 続いて、日本人男女の目尻のシワを、レプリカ法を用いて転写・測定し、その体積を同社独自のシワレベル別に比較した。その結果、どの年代においても男性の方がシワの体積が大きく、シワが進行している傾向がみられた。

 特に、30~50代においては.、一世代上の群の女性と類似のシワ体積分布になっていることが確認された。そこで、同社独自の解析手法を用いてシワの形成・発達における男女間の年齢差を計算すると、30~50歳の男性では女性と比較して10.9歳早くシワが発達・形成していることが推定された。

 また、実際に得られたレプリカの3次元解析図から、男女各年代の平均値に近い代表的なサンプルを抽出して比較してみると、緑で示されたシワの発生は男性の方が早く、深く大きなシワに発達しやすいことが確認された。

 今回得られた結果から、紫外線や酸化に対する感受性の高さと、それに伴う炎症指標の増大などによって、男女の肌の加齢変化の差を引き起こしていることが推察されるという。

 男性肌の老化を防ぐためには、紫外線や酸化ストレスに対して肌を守るサンケアアイテムの使用が重要であり、シワが顕在化する30代もしくはそれよりも早い時期からアンチエイジングケアを行うことが、いつまでも健やかで美しい肌を実現するとともに、男性肌の魅力を高めることにもつながっていくという。

 今後、得られた知見を応用し、男性に特徴的な皮膚生理に応じた新しいアプローチを提案していく。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  2. 2位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  3. 3位 12月3日 13時00分
    ジェイフロンティア、パーソナルコス...
  4. 4位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  5. 5位 12月3日 14時00分
    アルビオン、感性と効能を両立した化...
  6. 6位 12月3日 10時00分
    2021年 卸流通化粧品、ニーズ変...
  7. 7位 12月3日 10時00分
    アルビオン、組織変更・人事異動(2...
  8. 8位 12月3日 11時00分
    アルビオン、企業版ふるさと納税を通...
  9. 9位 12月3日 12時00分
    コーセーコスメトロジー研究財団、第...
  10. 10位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  1. 1位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  2. 2位 11月15日 12時00分
    PALTAC、急速な環境変化に対応...
  3. 3位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  4. 4位 6月19日 18時00分
    ロート製薬、幹細胞のエクソソーム分...
  5. 5位 11月26日 13時00分
    マツキヨココカラ第2四半期、旧マツ...
  6. 6位 11月25日 11時00分
    資生堂、執行役員制度を廃止
  7. 7位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  8. 8位 11月29日 10時00分
    オルビス、ブランド初の移動型体験店...
  9. 9位 11月26日 12時00分
    ライオン、新宿駅に「キレイの投票所...
  10. 10位 11月29日 10時00分
    ハーバー研究所 宮崎一成社長、現状...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  2. 2位 11月10日 10時00分
    アルビオン、店頭容器回収システムの...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  5. 5位 11月5日 14時00分
    アルビオン、とろけるような肌感触の...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 11月15日 12時00分
    PALTAC、急速な環境変化に対応...
  8. 8位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  9. 9位 11月11日 10時00分
    資生堂グループ、人事異動(2021...
  10. 10位 10月28日 10時00分
    アルビオン、研究・生産体制の強化で...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ