セブン&アイHD、日米コンビニのノウハウ融合でグローバル戦略を推進

週刊粧業 2022年1月1日号 15ページ

カンタンに言うと

  • ラストワンマイル施策でグループ共通の基盤づくりを
  • 23年、米国にFFの新工場を稼働、AIが車両・配送ルート等を差配
セブン&アイHD、日米コンビニのノウハウ融合でグローバル戦略を推進
 セブン&アイ・ホールディングス(井阪隆一社長)は引き続き、日米のコンビニエンスストア事業がグループの業績を牽引している。

 セブン-イレブン・ジャパン、セブン―イレブン・インクのノウハウを融合して、グローバル戦略を推進するため21年6月、合弁でセブン-イレブンインターナショナルLLCを設立した。ここを起点に新規国への出店、既存国での連携強化、共同調達などに取り組む。

 一方、グループのラストワンマイル施策の取り組みで、DXを活用しネットコンビニ、ネートスーパーなどグループ共通のインフラづくり・システム開発を通した実験検証を進めている。

 コンビニ事業は日本、米国ともコロナ禍による購買行動や店舗利用の変化がみられる。

あと88%

週刊粧業の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > セブン&アイHD、日米コンビニのノウハウ融合でグローバル戦略を推進

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop