ニュートリション・アクト、新技術「Perfex vivo」も提案開始

週刊粧業 2022年1月17日号 8ページ

2022年1月18日 13時00分

Ss20220117 12

 ニュートリション・アクトは、化粧品・サプリメント・健康食品の原材料販売や機能性食品・化粧品のOEMのほか、試験受託サービス事業にも注力している。

 同社が国内総代理店として展開する「ex vivo分析試験サービス」は、フランスのバイオイーシーラボラトリー社による、生きたヒト皮膚組織を使った分析試験サービスで、実際の肌に限りなく近い環境で肌への有用性を評価できる。

 肌の中の変化を視覚化・数値化できるのも大きな強みだろう。同試験では、皮膚組織の染色や、画像解析による肌内部の変化の評価を行う。

 そのため、メラニンの産生量やコラーゲンの増加、保湿成分の増減などを組織・細胞レベルで確認し、画像や数値で判定することが可能だ。シワの深さなど、肌表面で起きた変化の裏付けデータとしても活用できる。

 主な有効性試験としては、アンチエイジング・美白・紫外線保護・保湿・抗炎症・抗菌・育毛・アンチポリューション・アンチブルーライトなどが挙げられる。化粧品だけでなく、食品の有効性も評価することが可能だ。

 なお、昨年からは、ex vivoよりもさらにヒトの皮膚条件に近い環境で試験が実施できる「Perfex vivo」の提案も開始している。ex vivoでは、全てインキュベーター内で実施が必要だったが、Perfex vivoは、インキュベーター外で皮膚組織片の培養、試験実施が可能になった。

 インキュベーター内は、表皮・真皮にとっては良い環境だが、角質層にとっては温度・湿度が高すぎる。Perfex vivoは、インキュベーター外で実施できるため、角質層は外気の環境で試験が可能となり、皮膚表面温度も生理的温度に近い状態で試験を実施できるようになった。さらに皮膚組織片をサポート台に固定することで、皮膚のシュリンクが起こりにくく、実際の肌環境をより再現している。

 また、皮膚の内側の評価と同時に、表面のマイクロレリーフ(キメ)評価も行えるようになった。肌バリア機能の評価においては、内側のフィラグリンなどの組織学的評価に加えて、肌の表面上の水分量も同時に評価することができるという。

 試験期間は、ex vivoが最大10日間、Perfex vivoが最大5日間となっているため、試験内容によって選択することを推奨している。

 オーダーメイドの試験計画を組むことができるのが同社の強みであり、引き続きフレキシブルに顧客のニーズに対応しながら提案を進めていく。

 「今後は、研究ベースでのご紹介なども推進しながら、今まであまりご提案ができていなかった分野の方々にも、バイオイーシーラボラトリー社の技術を伝えていきたい」(同社)

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 5月27日 10時00分
    PALTAC、販促物一貫サポートな...
  4. 4位 5月26日 13時00分
    資生堂、大阪茨木工場がグランドオープン
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  7. 7位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  8. 8位 5月27日 10時00分
    Papillons et natu...
  9. 9位 5月26日 13時00分
    2022年 男性化粧品市場、メーク...
  10. 10位 5月26日 11時00分
    コーセーコスメポート、南アルプス市...
  1. 1位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 5月17日 10時00分
    アルビオン スキコンを超える新スキ...
  4. 4位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  5. 5位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  6. 6位 5月18日 13時00分
    マツキヨココカラ、マツモトキヨシ香...
  7. 7位 5月20日 13時00分
    あらた、HBC、ペットを戦略的に強化
  8. 8位 5月17日 13時00分
    ライオン、2022年12月期第1四...
  9. 9位 5月19日 11時00分
    サンドラッグ、積極的な店舗数拡大と...
  10. 10位 5月23日 11時00分
    資生堂、ミネラルに着目し美肌へのア...
  1. 1位 5月2日 10時00分
    カネボウ、累計270万本のKATE...
  2. 2位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  5. 5位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  6. 6位 5月17日 13時00分
    ライオン、2022年12月期第1四...
  7. 7位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  8. 8位 5月2日 16時00分
    メナード、肌に色ムラが生じるメカニ...
  9. 9位 5月10日 10時00分
    大日本印刷、紙仕様のラミネートチュ...
  10. 10位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ