ライオン、2022年春の新製品を紹介

粧業日報 2022年1月26日号 1ページ

カンタンに言うと

  • 「根本ケア」を求める生活者ニーズに対応
  • 新Banではニオイの発生源「角質層」までアプローチ
  • ヘパリン類似物質配合のスキンケアにジェルタイプを追加
ライオン、2022年春の新製品を紹介
 ライオンは1月18日、東京オフィスにて「e-presentation」を開催し、動画コンテンツ等を用いる形で2022年春の新製品を紹介した。小売・卸各社には1月中をめどに、個別に同社の営業が出向く形式、あるいはテレビ会議システムを使ったリモート形式にて春の新製品を紹介していく。

 主催者を代表して挨拶したコーポレート コミュニケーションセンターの担当役員を務める久米裕康 取締役 上席執行役員(写真)は、「新型コロナウイルス感染症の拡大が続く中、完全復活といえる状況には至っていないが、底打ち感が出てきている。オミクロン株による感染急拡大や原材料高など外部環境は依然として厳しいものの、本日ご紹介する付加価値型の新製品でブレークスルーを図ることにより、市場の健全な発展に貢献していきたい」と語った。

 動画コンテンツ「e-presentation」の冒頭で挨拶した掬川正純社長は、「中長期経営戦略フレーム『Vision2030』では、質的な充実に加え、量的な拡大にもウェイトを置き、事業を進めている。商品の提供を通じてお客様に快適で前向きな生活習慣を取り入れていただくことをパーパスとし、『日本生まれ、アジア育ちの世界企業になること』を目指す。軸足を日本市場に置き、各分野において新しい商品、生活習慣を生み出し、それをアジアに展開していくことで量的な拡大を図っていく。オーラルケア、ビューティケア、ファブリックケア、リビングケア、薬品の5分野に重点的に注力し、小売店様・卸店様と協働して新しい生活習慣の提案とその定着に邁進していきたい」と述べた。

 2022年春の新製品は、コロナ禍における美容意識の高まりを踏まえ、「根本ケア」を求める生活者ニーズに即してラインナップを強化するとともに、マーケティング施策においても「根本ケア」の要素を強く打ち出していく。

あと72%

粧業日報の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > ライオン、2022年春の新製品を紹介

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop