ヒューファイブ、20代、30代からのスキンケアブランドを開発

C&T 2022年3月15日号 80ページ

カンタンに言うと

  • 男性化粧品市場で独自のポジションを、ラインアップ・販路拡大で認知度アップ
ヒューファイブ、20代、30代からのスキンケアブランドを開発
 ヒューファイブ(東京都渋谷区、藤井健一代表取締役)はコロナ禍の最中の21年3月、男性スキンケアブランド「KHAKI」(カーキ)を立ち上げた。アーリーエイジングをコンセプトに、20代、30代からの日常的なスキンケアを提唱する。

 カーキ色をベースとし、キャンプやアウトドアスポーツのライフスタイルをターゲットに、ブランドをつくり上げた。現在、3SKUをラインアップしている。

 自社サイトを含めネットで販売してきたが、22年2月、百貨店からポップアップストア展開の要請を受けた。これを機に、製品ラインアップおよび販路の拡大に取り組む。

あと88%

C&Tの有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > ヒューファイブ、20代、30代からのスキンケアブランドを開発

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop