資生堂、老化による免疫細胞のバランス崩れがコラーゲン代謝に影響

粧業日報 2022年4月19日号 5ページ

2022年4月19日 10時00分

Sn20220419 1

 資生堂は、光老化した皮膚において、2種類のマクロファージ(免疫細胞)のバランス(M1/M2バランス)が、コラーゲンの産生や分解、除去など、一連のコラーゲン代謝に関与していることを明らかにした。コラーゲン代謝への悪影響による皮膚中のコラーゲン量や性質の変化は、肌の弾力性低下などを引き起こす可能性が考えられる。

 これまで同社は皮膚での「インフラマエイジング(Inflammaging:炎症老化)」に着目し、皮膚内のマクロファージのバランス(M1/M2バランス)が、光老化によって崩れ、M1マクロファージが増加しM2マクロファージが減少すること、それによって真皮線維芽細胞の老化が引き起こされることを明らかにしている。

 今後、皮膚内で創傷治癒に関わることが知られている免疫細胞の一種であるマクロファージのバランスと、加齢や光による皮膚の老化との関係を明らかにすることで、顧客の様々な肌悩みに対する新しいアプローチの提案を目指す。

 コラーゲンは皮膚真皮層のおよそ70%を占めるともいわれ、皮膚の形態的特性を決める重要な因子の1つと考えられている。このコラーゲンを生み出す主要な細胞としては線維芽細胞が知られ、紫外線などの影響で進む光老化では、線維芽細胞によるコラーゲンの産生が減ることやコラーゲンの過剰な分解が起こることが知られており、その結果、肌はハリや弾力を失い、シワやたるみが生じると考えられている。同社は以前より線維芽細胞をはじめ様々な要因に着目してこの分野における研究を進めており、皮膚の露光部では、2種類のマクロファージM1とM2の総数は加齢によって変化せず、そのバランスが変化することを明らかにしている。今回、皮膚のインフラマエイジングに関与することが示されたマクロファージバランスの崩れに着目し、新たな切り口での研究を進めた。

 M1/M2バランスは、創傷治癒におけるコラーゲン代謝のコントロールに重要であることが近年報告されている。そこで、M1、M2マクロファージが線維芽細胞によるコラーゲンの産生と分解に与える影響について検証した。その結果、皮膚組織において、M1/M2バランスとコラーゲン発現に相関関係が確認された。また、M1マクロファージの培養上清を線維芽細胞に添加した場合に、コラーゲン産生抑制・分解促進が起こることでコラーゲン線維が顕著に減少することが明らかになった。加えて、M2マクロファージの培養上清を添加した場合には、M1マクロファージの培養上清を添加した時と比較してコラーゲンの前駆体であるプロコラーゲンを指標にした評価でコラーゲン産生が促進されることがわかった。

 次に、マクロファージに特徴的な生体内物質を取り込み消化・除去する機能と、皮膚のコラーゲン代謝との関わりを明らかにする目的で、M1、M2マクロファージと線維芽細胞が変性コラーゲンを消化する能力について検証した。

 その結果、M2マクロファージが顕著に変性コラーゲンを取り込み消化・除去していることがわかった。線維芽細胞は、本来の健全な立体構造をもったコラーゲンと結合している方がより多くのコラーゲンを産生することが知られている。M2マクロファージによって変性コラーゲンが適切に除去されることで、よりコラーゲンが産生されやすい環境が作り出されている可能性が示された。

 M1マクロファージは、そのもととなる一般的なマクロファージから分化することで機能を発揮することが知られているため、M1マクロファージへの分化を抑制する薬剤を探索した。その結果、オトギリ草抽出液にM1マクロファージへの分化を抑制する効果があることがわかった。M1マクロファージへの分化が抑制されることで、M2マクロファージが増えやすい環境になることが期待される。

 皮膚内のM1/M2バランスが崩れることにより、慢性炎症を止めることができずにインフラマエイジングを引き起こしているという発見に続き、研究ではマクロファージのバランスの崩れが、コラーゲン代謝に影響を与えることを見出した。

 マクロファージバランスを健全に保つことにより、これまでのコラーゲン産生の維持・促進の効果に加えて、分解後のコラーゲン除去を含めた肌本来のコラーゲン代謝を適切に維持できることが期待される。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 1月30日 11時00分
    花王、頭髪表層に特異的に発生するう...
  2. 2位 1月31日 14時00分
    ライオン、2023年春の新製品を紹介
  3. 3位 9月30日 10時00分
    ピンククロス・水野貴史社長、目指す...
  4. 4位 1月30日 13時00分
    イオンリテール 井出武美社長、店舗...
  5. 5位 1月30日 12時00分
    ポーラ、新プロジェクト「FROM ...
  6. 6位 1月30日 10時00分
    Novera、AI画像認識の精度を...
  7. 7位 1月30日 13時00分
    小林製薬、2023年春は詰め替えで...
  8. 8位 1月30日 15時00分
    ナリス化粧品、未利用資源の活用を推進
  9. 9位 1月31日 13時00分
    ちふれ化粧品、人気の保湿シリーズを...
  10. 10位 1月31日 13時00分
    セブン&アイHD第3四半期、日米コ...
  1. 1位 1月23日 11時00分
    マンダム、男性スタイリング市場の再...
  2. 2位 12月27日 16時00分
    岩瀬コスファ、数多くの環境配慮型原...
  3. 3位 1月25日 10時00分
    コーセー、アマンへOEM受託による...
  4. 4位 1月26日 11時00分
    花王、環境中の新型コロナウイルスを...
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 1月25日 11時00分
    SHISEIDO、ブランドアンバサ...
  7. 7位 1月30日 11時00分
    花王、頭髪表層に特異的に発生するう...
  8. 8位 1月24日 13時00分
    資生堂、世界初 肌内部の散乱光を解...
  9. 9位 1月23日 12時00分
    ファンケル、ビール製造時の副産物か...
  10. 10位 1月26日 12時00分
    アルビオン、加熱高圧乳化法を活用し...
  1. 1位 1月12日 12時00分
    花王、3年連続3分野全てでAリスト...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 12月27日 16時00分
    岩瀬コスファ、数多くの環境配慮型原...
  4. 4位 1月10日 12時00分
    花王、執行役員の異動(1月1日付)
  5. 5位 12月28日 10時00分
    2022年ヘアケア市場、環境配慮と...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 12月26日 15時00分
    コーセー、大谷翔平選手とグローバル...
  8. 8位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  9. 9位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  10. 10位 1月10日 11時00分
    花王、機構改革(1月1日付)

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ