資生堂、乾燥環境に対する肌本来の適応メカニズムを解明

粧業日報 2022年6月6日号 1ページ

2022年6月6日 15時00分

Shiseido1 1

 資生堂は、乾燥環境において、肌本来に備わる「環境と共生する保湿力」により、肌内部で天然保湿因子(NMF)を生み出す酵素(PAD1)の産生が促進されることを発見した。また、PAD1の産生を高め、肌本来の保湿力をサポートする成分を新たに見出した。

 今後、乾燥環境への適応力・抵抗力を高め、健やかで美しい肌を維持する化粧品の開発を目指す。なお、同研究成果の一部は「第46回 日本研究皮膚科学会」(2021年12月3~5日)にて発表した。

 同社は、自然環境の変化が顕著な現代社会において、「環境を受け入れて調和し美を実現する」という新発想の技術をさらに進化させ、第1弾の紫外線との共生技術、今回の低湿・低温度といった環境要素に続き、今後も様々な環境を味方にする技術の開発に挑戦していく。

独自成分「アクアインプール」に
NMF産生酵素の発現を促す効果を発見

 高温時の発汗作用や、紫外線暴露時のメラニン産生など、肌は外的環境に対する適応力を進化とともに獲得してきたが、これまで低湿・低温度がもたらす乾燥環境下における肌の適応力については十分に明らかになっていなかった。

 そこで同社は、40年以上にもわたる、肌の天然保湿因子NMF産生経路に関する研究知見を活かし、肌本来の乾燥環境に対する適応メカニズムを明らかにすべく、新たな研究に取り組んだ。

 肌のうるおいを維持するために必要不可欠なNMFは、肌を構成するタンパク質「フィラグリン」や「汗」といった経路から主に供給されている。今回、夏と冬における同一人物のNMF存在量を比較した結果、フィラグリン由来NMFは夏よりも冬に多く存在していることがわかり、汗量の減る冬に不足しがちなNMFがフィラグリン由来で補われていることが示唆された。

 さらに、フィラグリン由来NMFの季節変動メカニズムを探るために、夏と冬における同一人物のNMF産生酵素を解析したところ、NMF産生を促進するPAD1活性も同様に冬に高まることを発見した。実際に、細胞を用いた実験では、PAD1の発現が、低湿・低温度環境において上昇することを確認している。

 以上により、肌は低湿・低温度がもたらす乾燥環境に適応するため、NMF産生酵素PAD1の産生を促進することで、肌本来の保湿力を高めていることが明らかになった。

 続いて、環境適応性保湿力の鍵となるPAD1の発現を促進する成分を探索した結果、独自開発成分であるアクアインプールにPAD1産生促進効果があることを見出すとともに、同様の効果をもつ植物エキスを複数見出した。

 これらの成分により、乾燥環境に対する肌本来の適応力がさらに高まることが期待される。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 2月1日 11時00分
    コーセー、化粧くずれを防ぐ2つの新...
  2. 2位 2月2日 12時00分
    花王、つくば蘭展にて、再現した希少...
  3. 3位 2月1日 10時00分
    富士経済、機能性化粧品の国内市場を調査
  4. 4位 1月31日 14時00分
    ライオン、2023年春の新製品を紹介
  5. 5位 2月2日 10時00分
    プレミアアンチエイジング、ベネクス...
  6. 6位 2月2日 13時00分
    コスモス薬品、ローコスト運営で高品...
  7. 7位 2月1日 12時00分
    一丸ファルコス、SDGsを意識し「...
  8. 8位 2月2日 11時00分
    ロレアル、米国スタートアップ企業「...
  9. 9位 2月2日 15時00分
    2023年 化粧品素材市場 機能性...
  10. 10位 2月1日 11時00分
    ホシケミカルズ、独自の研究開発管理...
  1. 1位 1月30日 11時00分
    花王、頭髪表層に特異的に発生するう...
  2. 2位 1月23日 11時00分
    マンダム、男性スタイリング市場の再...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 1月27日 10時00分
    【訃報】岩瀬コスファ会長・岩瀬健治...
  5. 5位 1月26日 11時00分
    花王、環境中の新型コロナウイルスを...
  6. 6位 1月27日 14時00分
    アクイン、化粧品専門店向けの新ソリ...
  7. 7位 1月26日 12時00分
    アルビオン、加熱高圧乳化法を活用し...
  8. 8位 1月23日 12時00分
    ファンケル、ビール製造時の副産物か...
  9. 9位 1月27日 15時00分
    ヒノキ新薬、首都圏ヒノキ会新年方針...
  10. 10位 2月1日 11時00分
    コーセー、化粧くずれを防ぐ2つの新...
  1. 1位 1月12日 12時00分
    花王、3年連続3分野全てでAリスト...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 12月27日 16時00分
    岩瀬コスファ、数多くの環境配慮型原...
  4. 4位 1月10日 12時00分
    花王、執行役員の異動(1月1日付)
  5. 5位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  6. 6位 12月28日 10時00分
    2022年ヘアケア市場、環境配慮と...
  7. 7位 12月26日 15時00分
    コーセー、大谷翔平選手とグローバル...
  8. 8位 1月10日 11時00分
    花王、機構改革(1月1日付)
  9. 9位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  10. 10位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ