敏感肌女性のマスク肌荒れは普通肌女性の約3倍 ナリス化粧品調査

訪販ジャーナル 2022年7月25日号 4ページ

2022年7月25日 12時00分

Hhj20220711 2

 ナリス化粧品は、5月23日~6月6日にかけて、全国20歳~59歳の女性2001名を対象に、敏感肌女性のコロナ禍における肌の意識調査を行った。コロナ禍により、多くの人がマスク着用を余儀なくされてきたが、特に敏感肌の女性にとっては、マスク着用による不快症状・ストレスが大きいことが明らかとなった。



 まず自身の肌質について尋ねたところ、「普通肌」(29.3%)、「わからない」(9.8%)、「答えたくない」(1.1%)を除くと59.8%となり、全体の約6割の女性が、症状の出る時や敏感肌の部位は異なるものの、「敏感肌」であると答えた。

 年齢別に見てみると、20代前半では「普通肌」と答えたのが17.5%にとどまり、66.2%が「何らかの敏感肌」であると答えた。最も重い症状の「顔も身体も敏感肌」と答えた割合も23.6%と最も多かった。年齢を重ねるにつれて、「普通肌」と答える割合が上がり、「顔も身体も敏感肌」と答える人の割合が減っていくことがわかった。

 敏感肌の部位で見ると、全ての世代で「顔のみ敏感肌」と答える女性が「身体のみ敏感肌」と答える女性よりも多く、平均すると約2.5倍程度だった。また、「季節や体調によって、顔も身体も敏感肌」と答える女性は、若年層の方が少なく、年齢を重ねるほど、増えていく傾向があることがわかった。



 次に、現在の日常的なマスクの着用頻度を尋ねたところ、全体では「週に6~7日間つけている」と答えた女性が67.3%と圧倒的だった。



 マスクをつけていると答えた女性に、マスクをつけている時の肌であてはまるものを複数選んでもらったところ、「あてはまるものはない」(27.6%)が最多で、肌に変化はないと感じている女性が3割弱だった。そのほかには、「むずむずする」(21.9%)、「かゆみがある」(20.4%)、「ニキビ・吹き出物ができる」(19.8%)、「肌荒れしている」(19.3%)など、こまごまとした症状について、あてはまる女性が多いことがわかった。

 肌質別に掛け合わせると、マスクを着用しても肌に変化がなかったのは「普通肌」の女性で44.5%だった。一方、症状が最も重い「顔も身体も敏感肌」の女性では12.8%、「季節や体調によって顔のみ敏感肌」の女性では11.3%にとどまった。

 つまり、普通肌の女性と比較すると、3倍以上、何らかの不快な肌の変化や症状を感じていることがわかった。具体的には、「かゆみがある」(37.5%)、「肌荒れしている」(32.4%)、「むずむずする」(30.1%)という回答が多かった。



 現在使用しているスキンケア品の満足度については、「まあまあ満足している」女性が約半数(47.0%)となった。肌質別で最も満足しているのは、「普通肌」の女性で6割強(63.8%)が満足していた。一方、敏感肌の女性は約4割の女性が「満足していない」と答えた。「全く満足していない」と答えた女性は敏感肌に多く、「季節や体調によって敏感肌」(11.3%)、「顔も身体も敏感肌」(10.5%)と1割を超える女性がスキンケア品に「全く満足していない」こ
とがわかった。

 年齢別でスキンケア品の満足度を確認したところ、「満足している」との回答が50代後半のみ6割を超えるが、それ以外の世代では、すべてが約5割だったことから、スキンケア品の満足度は、年齢層でなく、肌質によるものであることがわかった。



 週に4日以上マスクを着用している敏感肌女性984人に、マスク着用によって、肌の症状に影響があったかどうか尋ねたところ、「とても悪化した」(10.3%)と「まあまあ悪化した」(40.7%)を合わせると、半数を超える女性が、日常的なマスクの着用により、敏感肌の症状が悪化したと答えた。
 
 年齢別では、若年層の方が「悪化した」と答える割合が高く、20代前半では70.1%と、7割を超える女性が悪化したと答えた。高齢層になるほど「悪化した」人の割合が少なくなり、40代を超えると、「悪化した」と答える人よりも、「変わらない」と答える人の方が多い結果となった。



 敏感肌で、スキンケアをしていると答えた女性984人に、新しいスキンケア品を購入する際の気分について尋ねたところ、最も多かったのが、「肌の調子がよくなることを期待する」(80.1%)で、続いて「自分の肌に合うかどうか心配だ」(80.6%)となった。「きれいになりたいとワクワクする」は72.2%だったことから、きれいになりたいとワクワクする気持ちよりも、「肌に合うか心配だ」と感じる女性の方が多いことがわかった。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 11月25日 10時00分
    アルビオン、組織変更(2023年1...
  2. 2位 11月25日 11時00分
    コーセー、2022年12月期第3四...
  3. 3位 11月24日 13時00分
    花王、レジリエントな新しい生産シス...
  4. 4位 11月25日 12時00分
    PALTAC、先行投資を進め、売上...
  5. 5位 4月6日 13時00分
    テスティー、15~24歳女性を対象...
  6. 6位 11月24日 10時00分
    コーセー化粧品販売、組織変更・人事...
  7. 7位 11月23日 14時00分
    花王、「鬼滅の刃」とのコラボで需要喚起
  8. 8位 11月24日 11時00分
    コーセー、役員人事(2023年1月...
  9. 9位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  10. 10位 11月24日 10時00分
    アジアンコスメ、日本市場で着実に存在感
  1. 1位 4月6日 13時00分
    テスティー、15~24歳女性を対象...
  2. 2位 11月21日 14時00分
    ライオン、手肌のうるおいを保つ薬用...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 11月21日 12時00分
    資生堂、第32回IFSCC Con...
  5. 5位 11月21日 11時00分
    花王、くすんだ唇でも鮮やかに美しく...
  6. 6位 11月18日 11時00分
    資生堂、赤色光に表皮細胞の増殖促進...
  7. 7位 11月18日 10時00分
    花王、「中国清潔・節水キャンペーン...
  8. 8位 11月21日 13時00分
    Wovn Technologies...
  9. 9位 11月17日 14時00分
    花王とキリン、内臓脂肪と免疫の関連...
  10. 10位 11月18日 12時00分
    ライオン商事、社名変更の狙いと今後...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  2. 2位 4月6日 13時00分
    テスティー、15~24歳女性を対象...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 11月4日 11時00分
    資生堂、世界初のサステナブルな化粧...
  5. 5位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 11月1日 16時00分
    ライオン、下期は「Lighteeハ...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 10月21日 10時00分
    資生堂グループ、人事異動(2022...
  10. 10位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ