フォーデイズ、新たな動員の種となる仕組みづくりを推進

訪販ジャーナル 2022年10月24日号 2ページ

カンタンに言うと

  • 7月にリニューアルしたドリンクが好調
フォーデイズ、新たな動員の種となる仕組みづくりを推進
 フォーデイズの2022年上半期の化粧品事業売上は前年と同水準で推移した。

 低価格帯の会員登録コースを推進したことや、7月にリニューアルした「ムーサ エッセンス ドリンク ステムブライト」が好調で、発売初月に2万個を突破したことなどが上半期実績に貢献している。

 同社には全国で開催するオープンセミナーのほか、会員が自主開催するフレンドリーセミナーも存在しており、2020年春からは感染リスクの低い小規模の集まりを「6人会」として推進してきた。

 2022年1月~8月のセミナー動員数は、会社主催と会員主催あわせて、延べ50万人以上にものぼり、徐々にコロナ前の水準に戻りつつある。また、コロナ禍を機に開始した週1回のライブ配信も継続している。

あと56%

訪販ジャーナルの有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > フォーデイズ、新たな動員の種となる仕組みづくりを推進

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop